« 出会いのトイレ | トップページ | 最近読んだ本 »

2011/12/07

午後からお休み!

気が付けば師走であります。
年度末だ何だかんだとやることいっぱい。今日は近くに住む義妹から夫の携帯に「昨日も今日も帰ってないみたいだけど…」と心配の電話がかかってきたそーだ(笑)。帰ってないんじゃなくて帰りが遅いんです。
でも今夜の私はお仕事で遅くなったのではありません。午後から半休とって遊んできました。

お昼ごはんは虎ノ門のクラフトビアマーケットでランチのビールカレー。ビターで大人の味でおいしい。サフランライスにグリルした野菜が美味。お肉トロトロ。午後から仕事しなくていいのでビール飲んじゃいました。ちょっと迷ってベアードビールのライジングサンにしました。さすがに他にビールを飲んでいる人は…と思ったら二人組の外国人ビジネスマンが飲んでいた。さすが。
書店に寄ってウロウロ。テクテク歩いて出光美術館へ。『長谷川等伯と狩野派』を見ました。
狩野派とかいわれてもよくわからないのですが(知識としては知ってる程度)16世紀後半、画壇の一大勢力として君臨していた狩野派と、長谷川等伯を中心とする新進の長谷川派との、お互い影響を受けながら、お互いの存在を意識しながらの立ち位置といったものを面白く見ました。そして等伯が牧谿筆の中国画にも影響を受けたというところも「なるほどー」と納得。『竹虎図屏風』の虎ちゃんがかわいらしかった。

半蔵門に移動して夕方から国立劇場で文楽。

 『奥州安達原(おうしゅうあだちがはら)』
    外が浜の段、善知鳥文治住家の段、環の宮明御殿の段

後半三段目は歌舞伎で見たことがあるけれど、今回はその前の話しもやるので「なるほどー」と人間関係のつながりがわかりました。袖萩と年老いた両親とのやりとりのところは泣いちゃったよ。泣かせるようにもってくるのよ。客席は鼻をすする人多数。寛太郎さんの三味線がきれいな音色でよかった。富助さんは情感たっぷり、燕三はダイナミックで力強く、同じ三味線でも全然違うねー。

|

« 出会いのトイレ | トップページ | 最近読んだ本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出会いのトイレ | トップページ | 最近読んだ本 »