« 昨日の空@なかみなと駅 | トップページ | そして、ひたちなか海浜鉄道 »

2011/12/12

「なごみ」に乗りました。

10日。『鉄道写真家 広田 泉さんと行く なごみ&ひたちなか海浜鉄道の旅』というツアーに参加しました。東京(品川)から勝田までJR東日本の列車「なごみ」に乗り、勝田からは、ひたちなか海浜鉄道に乗って鉄道写真家広田泉さんと一緒に写真を撮ろうというもの。
「なごみ」はお召し列車にもなる新しい車輌です。ハイグレード車輌です。お召しで走るときは間に御料車を入れるのですが、今回は一般人が乗る団体列車なので御料車はなし(^^)。それでもめったに乗れるものではなく非常に貴重な体験となりました。とってもお高いツアー旅行などで使用されることはあるようですが、そう簡単に手が出る金額ではないので…これが最初で最後になるかもしれんなー。

ハイグレード車輌といっても内装に華美なところはなく地味です。地味だけど細かいところにまで行き届いていて、非常に居心地がいいです。乗客も自然とお行儀がよくなる感じ。
私が乗った2号車は1+2の3列シートで、横幅はさほど広いとは思いませんでしたが前後の間隔がゆったり。リクライニングもスムーズです。座席にはディスプレイが一台づつセットされていて、TV、ゲームの他、先頭車および最後尾からの映像を見ることができます。また位置情報の画面もあって、私たち夫婦は、先頭車からの映像と位置情報の画面を並べて楽しみました。位置情報には標高も表示されます。列車が坂を上ったり下ったりするようすがわかってとても面白かったです。また画面から車内販売へ注文もできるのですが、案内の放送が入ったとたんにみんな一斉に注文するので、受付が一時休止になってしまいました(笑)。車内販売もあったんだけどねー。
また3号車はもうワンランク上の車輌になっていて、シートは革張り。個室も併設されていますが今回は施錠されて窓にはカーテンがひいてあるので中の様子はわかりませんでした。床は絨毯で、川の水流を表しているような。枯山水といったところ?

品川を出発した列車は山手貨物線を新宿方面に向かって走り、池袋から上中里へ。ここでスイッチバックをして田端の操車場の中を走り三河島から常磐線に入りました。先頭車からの映像でポイントを通過する様子をみるのが面白い。

とにかく居心地がよくて楽しく(コーフンして居眠りもできなかった)3時間半の旅もアッという間でした。一度乗るとクセになりますが、そう乗れるものではないのが残念。

同乗されていた、ひたちなか海浜鉄道の吉田社長さんがおっしゃっていましたが、最高級の車輌から、今度は一気に古い車輌へ。勝田からはゴロゴロというディーゼルエンジンの音がすてきなふるーい車輌に乗り換えます。

|

« 昨日の空@なかみなと駅 | トップページ | そして、ひたちなか海浜鉄道 »

コメント

すごかったですね。
まだ余韻に浸ってます。
(吉田)

投稿: ひたちなか海浜鉄道 | 2011/12/12 09:51

よかったですよねー。また乗りたい。
私はその後に乗った列車ものんびりしていて好きであります。

投稿: あやこ | 2011/12/14 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日の空@なかみなと駅 | トップページ | そして、ひたちなか海浜鉄道 »