« 本日の富士山 | トップページ | ここはどこでせう。 »

2011/09/19

9月中席7日目@鈴本演芸場

201109
↑今月の鈴本演芸場のパンフレットの表紙。弁天小僧だわ。
17日。夫の会社の人と4人で出かけました。若手中心で、力のこもった高座が続きました。

  落語  志ん公 『転失気』
  太神楽曲芸 翁家和楽社中
  落語  馬石  『堀之内』
  落語  はん治 『モーツァルト』
  三味線漫談 紫文
  落語  菊志ん 『紙入れ』
  落語  文左衛門 『笠碁』
 (仲入り)
  漫才  遊平・かほり
  講談  琴調  『小政の生い立ち』
  奇術  アサダ二世
  落語  白酒  『抜け雀』

びっくりしたのは文左衛門師匠の『笠碁』。ここで『笠碁』が聴けるとは。ご隠居二人の意地の張り合い、老人の寂しさがよく出ていてとてもよかったです。大好きな市馬師匠の『笠碁』とはまた違った雰囲気でした。夫の会社の人も「よかった」と印象に残っていたようでした。
はん治師匠の高座ではモーツァルトがかかるし、馬石師匠の『堀之内』は、登場人物がみんな愛らしくてかわいいし(馬石師匠の滑稽噺は嫌みがなくてとてもいいといつも思います)、スピード感たっぷりの菊志ん師匠の『紙入れ』はますますパワフルで(おかみさん、最高!)、白酒師匠の『抜け雀』は安心して聴けます。
色物さんもバラエティー豊かで、こういうのが寄席の楽しみですね。

このあと近くの居酒屋でごはん。れんこんの料理がたくさんあって、れんこん好きにはたまりませんぜ(^^)。
以前、たまたま入って結構よかったので、また行ってみました。お料理はもちろんですが、接客してくれた若いあんちゃんがとても気持ちよくて、それだけで評価120%アップ。また来ようと思いました。飲食店はお店の人の雰囲気、態度も大切ですね。最近「はぁ?」とびっくりする接客にあうことが多いので余計にそう思います。

|

« 本日の富士山 | トップページ | ここはどこでせう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日の富士山 | トップページ | ここはどこでせう。 »