« 鈴本演芸場7月上席 | トップページ | 志の輔らくごを見に行った »

2011/07/02

鈴本演芸場7月上席夜の部初日

今席は市馬師匠がトリなので、通うつもりで、先月は残業しまくったのだ。ずーっと忙しかった仕事も、4月から入った新人ちゃんががんばってついてきてくれるおかげで少し余裕も出てきた。それはそれで「今は忙しいから出来ない」と後回しにしてもらっていたお仕事がいっぱい待っているのですが。トホホ。

寄席は久しぶり。知らない前座さんばっかりだ。ウワサ通りみんな名札をつけているぞ。客席の入りは1/3ってところ。

  落語  扇遊 『初天神』
  落語  雲助 『家見舞』
  (仲入り)
  太神楽  仙三郎社中
  落語  歌武蔵 『支度部屋風景』というのかな。相撲のはなし。
  粋曲  小菊
  落語  市馬 『お化け長屋』

歌武蔵師匠は寄席でしか聴いたことがなくて、その時はいつも『無精床』。今回は漫談なんだけど、フッとお客さんをのせていくのが上手だね。角界の裏話ってネタで笑った笑った。
小菊ねぇさんの三味線で涼しくなって、市馬師匠はさらりと『お化け長屋』。
途中で前方ど真ん中で寝ているじじぃのイビキが聞こえてきて、市馬師匠は噺の中でちょこっと注意をするけれど、当然気も付かず。隣の人が起こしてやればいいのになぁと思ったよ。あまりに調子がいいので耳に付いちゃう。市馬師匠、最初はちょっとやりにくそうでした。それがちょっと残念。
雲助師匠の『家見舞』から市馬師匠の『お化け長屋』まで、暑い暑い夏の黄昏時、路地に縁台を出して涼んでいるような気分にさせてくれるヒトトキでした。
次は日曜日に行くざます。

|

« 鈴本演芸場7月上席 | トップページ | 志の輔らくごを見に行った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鈴本演芸場7月上席 | トップページ | 志の輔らくごを見に行った »