« 社会人のための歌舞伎鑑賞教室@国立劇場 | トップページ | 沼津駅ホームにて。 »

2011/07/23

今週のわたくし。

月曜日:結局どこにも行かずダラダラ。夕食は夫と自宅近くの焼肉屋さんに行きました。ごく普通の町にある焼肉屋で、いつも混んでいるのできっといいのだろうと思っていたら、予想通り、安くて美味しくてとてもよかったです。お肉が食べたくなったらまた行こう。ちなみに、夫と二人だけで焼肉屋で焼肉を食べたのは、結婚20年にして初めてだと判明。

火曜日:湯島で落語、喬太郎・市馬二人会。喬太郎師匠は『初音の鼓』と題名はわからないけど、清水の次郎長から小政が出てくるところ。市馬師匠は『鰻の幇間』『狸賽』。仲入り後、リラックスしてサラッとかるーくやった『狸賽』がとてもヨカッタ。肩の力が抜けて、噺の雰囲気がめちゃくちゃかわいい。こういう噺を聴けると、落語を聴いていてよかったなーと思います。最近の市馬師匠は、どんどん力が抜けて噺が普通になってきて、とてもいいです。

水曜日:仕事帰りに国立劇場。『社会人のための歌舞伎鑑賞教室』。ほぼ満席じゃないですか。

木曜日:せっせとお仕事。

金曜日:会社の暑気払い。二次会までいって午前様。新婚の同僚(男性)をいじりたおす。のろけを聞いてあげてるみたいなもんですけどね(笑)。なんだかんだいってもみんな収まるところに収まっているというか、いいカップルでありますよ。それよりも、同僚女子、上司の奥さま方が韓流にハマっている事実に驚愕。仕事中はそんな話しをしないもんなー。そういえば、私にまわってくる書類についてるメモが韓流だったり、韓国みやげがまわってきたりと少し妙だとは思っていたけどね。

|

« 社会人のための歌舞伎鑑賞教室@国立劇場 | トップページ | 沼津駅ホームにて。 »

コメント

> 清水の次郎長から小政が出てくるところ

 次郎長外伝の「小政の生い立ち」だと思います。

 市馬師匠の狸、調べてみたら聴いたことがありませんでした。あれだけ柳家の典型みたいな師匠で、あれだけ聴いているのに、狸を聴いていないなんて…。最近の印象は、まったく同感です。

投稿: にちらく | 2011/07/23 21:12

>>次郎長外伝の「小政の生い立ち」だと思います。

ありがとうございます。講談が元なんでしょうね。

>>次郎長外伝の「小政の生い立ち」だと思います。

まー。私は寄席で何度か聴いていますが、いつもサイコロです。サイコロといえば「看板のピン」も好きだなぁ。
市馬師匠は長講はもちろんだけど、15分くらいの噺をサラッとやるのが本当にいいんですよねー。普通で(^^)。

投稿: あやこ | 2011/07/26 01:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 社会人のための歌舞伎鑑賞教室@国立劇場 | トップページ | 沼津駅ホームにて。 »