« 下町風俗資料館に行ってきた。 | トップページ | 鈴本演芸場7月上席夜の部七日目と八日目 »

2011/07/07

鈴本演芸場7月上席夜の部四日目と五日目

4日
  落語  扇遊  『浮世床』
  落語  小燕枝 『親子酒』
 (仲入り)
  太神楽 仙三郎社中
  落語  歌武蔵 漫談
  粋曲  小菊
  落語  市馬  『青菜』

5日
  落語  扇遊  『蜘蛛駕籠』
  落語  雲助  『お菊の皿』
 (仲入り)
  太神楽 仙三郎社中
  落語  歌武蔵 『大安売り』
  粋曲  小菊
  落語  市馬  『船徳』

雲助師匠の『お菊の皿』がうれしー。くっだらなーい。
市馬師匠は若旦那が出てきたのでもしや・・・と思っていたら『船徳』だー。聴きたかったんだよん。
四万六千日の暑苦しさより、大川の川面を吹いてくる涼しい風を感じるような高座でした。さらりと気持ちいい。

6日の日経夕刊文化欄の演芸評に市馬師匠が取り上げられていました。

|

« 下町風俗資料館に行ってきた。 | トップページ | 鈴本演芸場7月上席夜の部七日目と八日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下町風俗資料館に行ってきた。 | トップページ | 鈴本演芸場7月上席夜の部七日目と八日目 »