« 8両編成 | トップページ | ひたちなか海浜鉄道営業運転再開の一番列車に乗ってきた。 »

2011/06/27

みなとの多幸(たこ)めし@ひたちなか


ひたちなか海浜鉄道営業運転再開の一番列車の中で食べたお弁当。「商品開発:那珂湊飲食業組合」とあります。見た目は普通に釜飯風ですが・・・これがすんごーくおいしのだ。びっくり。

メインは地蛸のやわらか煮。「新鮮な地蛸の足を一本ずつ竹の皮に包み役4時間ことこと煮込んだ」とあります。醤油も地元のもの。これがやわらかくておいしくてびっくりよ。他に野菜のたき合わせなぞと格好よく盛りつければ酒の肴にぴったりです。
「つと豆腐の含め煮」は、つぶした豆腐を納豆のわらづとの中に入れ、塩煮のあと煮含めた地元のお料理。これも日本酒が欲しくなる味。
あとは献上酒の浅地焼き、厚焼玉子、手綱こんにゃくの炒り煮ピリ辛、椎茸の艶煮、人参グラッセなど。
ごはんは「地蛸の炊き込み加薬ごはん」。お米はもちろん茨城産。
具がいっぱいで満足感があります。どっかで見かけたらぜひどうぞ。おすすめです。

|

« 8両編成 | トップページ | ひたちなか海浜鉄道営業運転再開の一番列車に乗ってきた。 »

コメント

原価率が高いと聞いています。
その分、お値段の割には良い品かと。
湊線ともどもよろしくお願いします。
(吉田)

投稿: ひたちなか海浜鉄道 | 2011/06/27 18:48

>>原価率が高いと聞いています。

もうけ度外視の内容だと思いました。
お弁当を通して町を知ってもらおうという気持ちを感じます。いやぁ、蛸、本当においしかった。歯に全然ひっかからないんだもん。
つと豆腐と共に多くの人に知ってもらいたい味ですね。

投稿: あやこ | 2011/06/29 01:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8両編成 | トップページ | ひたちなか海浜鉄道営業運転再開の一番列車に乗ってきた。 »