« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011/04/30

没後十年追悼『古今亭右朝を偲ぶ会』@築地本願寺ブディストホール

29日。将来を嘱望されていた古今亭右朝という噺家さんが亡くなったのが10年前のこの日。生前の右朝師を何度か聴いたことがある夫は、「今、生きていたらなぁ」とよく言います。昔、凸版印刷が作った落語番組が2年前にスカパーで放送されました。右朝師が古典落語をやる30分番組です。私はそれで初めて右朝師の落語を聴きました。端正でわかりやすい落語です。本当に、いま生きて元気に高座にあがっていれば、私たちにすっきりとした江戸前の落語を聴かせてくれただろうに、とても人気がでたろうにと残念です。寄席や落語会の幅が、ぐーっと広がっただろうね。「偲ぶ会」の対談コーナーで談之助師が言ったように、「初めて落語を聴く人に勧める、落語の基準になった人」だと思います。『井戸の茶碗』や『文七元結』『船徳』『唐茄子屋政談』『火焔太鼓』なんていいだろうなぁ。

 (開口一番)半輔 『元犬』
  ひな太郎 『六尺棒』
  世之介  『星野屋』
  川柳   『ガーコン』
 (仲入り)
  対談
  正楽   高砂、ロイヤルウエディング、キャンディーズ、右朝さん、パンダ
  談之助  『持参金』

客席は、普段からよく落語を聴いている人とそうでない人、右朝師ゆかりの人、友人、マスコミ関係の人が入り交じっています。最前列真正面の席が一席空いていたのは、たまたまそうなったのか、今日は天から降りてきているだろう右朝師のためにあけてあるのか。
会には「教えた噺 教わった噺」とサブタイトルがついています。ひな太郎師、世之介師は、右朝師に教わった噺を出来るだけ教わった通りに、川柳師は教えた噺、談之助師は教えた噺・・・といっても、いろいろ事情があるようですが(^^)、自分が談志師匠に教わった噺をそれに近く。
生前の右朝師は、音楽とお酒が切っても切れなかったようで、対談ではその話しに終始しました。
決して派手な会ではなかったけれど、出演者の噺家さんにもお客さんにも「いま、生きていれば」という、惜しむ気持ちがいっぱいあふれていました。いい会でした。川柳師匠、長生きしてねー。

| | コメント (0)

2011/04/29

今日の空@築地本願寺

今日の空@築地本願寺
アンコールワットじゃないよ。

| | コメント (0)

2011/04/26

最近のわたくし。

映画見に行ってない、お芝居みてない、落語は時々だ~と、少々欲求不満気味ではありますが、お仕事がそれどころではないくらい忙しく、気がついたら4月も終わりです。とほほ。
私と一緒に仕事している新人ちゃんは、社会人経験のない全くの新人ちゃんなので、結構大変ではありますが、一生懸命ついてきてくれます。細かいミスはあるけれど、任した仕事はなんとかこなしてくれるので、来月になったら少しは仕事が楽になるかなぁ。なればいいなぁ。

そんなこんなでお酒とも縁遠い生活であります。土曜日の夜は久しぶりにワインを飲みました。わび助でワイン会があったのだ。
泡と白ワインの会。この店で知り合った人たちと一緒に、楽しいひとときでありました。
会が始まる前の、お店のOさんの挨拶にちょっとウルっとしました。地震以後の出来事(どこの飲食店でもそうでしょうけれど、お客さんが来なくて大変だったらしい)、でもこうしてみんな無事で、一緒にお酒が飲める事のシアワセ。いい店はお客さんが作るんだねぇ。
・・・と言いつつ、最後は酔っぱらい。玉椿にまわって二次会。

| | コメント (0)

2011/04/24

本日のスカイツリー@かっぱ橋

本日のスカイツリー@かっぱ橋
かっぱ橋の通りからは真正面にスカイツリーが見えます。なかなかこうはいかないよねー。

| | コメント (0)

パンダプレート@科博

パンダプレート@科博
科学博物館のレストランにて。熱烈歓迎 大熊猫!

| | コメント (0)

今日の空@上野

今日の空@上野
お天気がいいので上野公園まできました。噴水のある広場は工事中で囲いがしてあります。科学博物館に入ってみました。ここに入るのは実は初めて。

| | コメント (2)

2011/04/23

落語の鉄人2@お江戸日本橋亭

17日。この週末は友人に誘ってもらって甲州へ桃の花を見に行く予定だったのですが、夫の仕事がどうしても終わらずキャンセル。申し訳ない。来年はぜひ行きたい。ふてくされて土曜日は思わず仕事をしちゃったよ。
日曜日の夜は旅行が決まる前からチケットを買っていた落語会。2年前に内幸町ホールでやった鉄道落語の会の第2段。しん吉さんが新橋のレッドペッパーでやっている勉強会の拡大バージョンといった感じでしょうか。
客席はほどよくうまって、鉄道落語というので来た人、普通の落語好き、何だかわからないけど連れてこられた人がいい感じにまじっています。
仲入り後の雑談コーナーで、駒次さんが18切符を使って富山地方鉄道に乗ってきた話しをしたとき、電鉄魚津駅が気に入ったという言葉に一部から「おー」と反応があるところがねー(笑)。富山かぁ。また行きたいなぁ。

  駒次  『生徒の作文』(駒次バージョン)
  しん吉 『青菜』
 (仲入り)
  トーク
  駒次  『泣いた赤い電車』
  しん吉 『萱島駅のご神木』

前座さんがいなくて、高座返しもめくりも二人でやるところがいかにも若い二人の会。
駒次さんはついに東急東横店から声がかかって、GWの鉄道フェスティバルで『鉄道戦国絵巻』をやるとのこと。おめでとうございますー。思わず「本当にやってもいいんですか?」と念を押しちゃったとか(^^)。こうなったら私鉄系百貨店全制覇をめざすそうです。わはは。
『生徒の作文』は地下鉄の駅名を散りばめた駒次バージョン。地方に行った時のものもありますと、なぜか扇子を変えてやるところもおかしいね。
しん吉さんはちょっと早いけどと前置きをして『青菜』。東京版とは細かいところが違っていて、頭の中で聴き比べるのが楽しい。全体に漂う「もわー」っとした雰囲気がいかにも上方の夏の風景です。

仲入り後は鉄道が出てくる新作落語。
『泣いた赤い電車』は落語と民話と紙芝居と鉄道の融合だそうで、主人公は京急電車。これがケッサクで、大笑いして、最後にはちょっぴりホロッとさせられます。紙芝居なので、狭い場所向きですが、それがコソッとした感じでいいのよね。お手製の紙芝居の絵もすてきです。
『萱島駅のご神木』(だったと思う)は釈台を使って講談調に、京阪電車の萱島駅のホームにどーんとある(知っている人は知っている)楠木のお話し。熱演でした。

何にしても好きなのが一番だなーとしみじみ。暖かい雰囲気いっぱいの楽しい楽しい会でした。

| | コメント (2)

2011/04/20

お月さま

お月さま
夕方から降りだした雨もやんで、帰る時にはきれいなお月さまが出ていました。
空気が冷たいよー。

| | コメント (0)

2011/04/19

日曜日のスカイツリー

日曜日のスカイツリー
東武線の近くでパチリ。

| | コメント (2)

2011/04/17

隅田川河畔にて。

隅田川河畔にて。
絵みたいね。

| | コメント (0)

2011/04/16

最近読んだ本

・・・の中で面白かったもの。

 『吉原という異界』塩見鮮一郎 現代書館
   吉原の成り立ちやどういう世界だったのかを、江戸の始まりから辿ります。他の吉原本とはちょっと毛色が違っていました。人形町でいつも落語を聴きに行くときに歩く道が新吉原に移る前の大門だったのかーとか、新たな発見も多し。

 『大阪づくし私の産声・山崎豊子自作を語る』山崎豊子 新潮社
   実は山崎豊子の本は一度も読んだことがないのだ。でも映画はよく見ているのですっかり読んだ気分でいます。「白い巨塔」「華麗なる一族」など、関西を舞台にした小説の創作ノート的なエッセイと、船場の老舗のお嬢さんとして育った山崎豊子の、今はすっかり失われた古き大阪の姿を描いたエッセイの二本立て。これを読んだらまた映画が見たくなりました。ちょうどスカパーで「華麗なる一族」(もちろん佐分利信が主演のやつね)を放送していたので久しぶりに見ました。面白いよねー。さすが山本薩夫。

 『ニッポンの穴紀行-近代史を彩る光と影-』西牟田靖 光文社
   西牟田靖さんは目の付けどころが面白いといつも感心してしまいます。今回は「穴」をテーマに軍艦島から黒部ダム、吉見百穴と岩窟ホテル・・・。人形峠の章は、今読むと感慨もひとしお。

 『映画の夢、夢のスター』山田宏一 幻戯書房
   映画に夢中になっていた子供の頃に憧れた映画(洋画)スタアについて。だから戦前に活躍した俳優がほとんどです。女優よりも男優の方が熱が入っているように感じました。これを読んでいたら猛烈に昔の洋画が見たくなってきました・・・と運良くスカパーで「スミス都へ行く」をやっていたので見ちゃったよ。

 『十蘭万華鏡』久生十蘭 河出文庫
   たまりませんなー。面白くて読み進むのがもったいなかったです。SF、幻想小説、ミステリー・・・。久生十蘭の小説をカテゴリーでくくるのは無駄だなー。「読み物」というのは、こういう文章の事をいうのだと思います。

東京創元社のメルマガによると、6月に創元推理文庫から都筑道夫のSF短編集が出るとのこと。買わねばー。
ちくま文庫からは山田風太郎の幕末小説集が出てますね。山田風太郎は何だか怖くてなかなか手を出せずにいます。どおしよう・・・。

| | コメント (2)

2011/04/14

わたしはオーバンド


昨日、ユニクロから宅配便が届きました。中に夫がネットで注文したTシャツが入っていました→こんなの
夫は自分用に鈴本演芸場のTシャツを買って、私にとエースコックのブタちゃんと、オーバンドのTシャツを買ってくれました。オーバンド!
輪ゴムといえばオーバンド!会社でも使ってるよ。310番を使ってるよ。分厚い書類をまとめるのにちょうどいいんだよね。
この夏は、オーバンドTシャツを着て会社に行って節電に貢献します。

| | コメント (0)

2011/04/13

「がんばろう日本。」手ぬぐい届く!


昨日、申し込んでいた玉の輔師匠プロデュース「がんばろう日本」手ぬぐいが届きました。
想像以上にいい感じ。さすが、センスがいいなぁ。うれしいなぁ。

| | コメント (0)

2011/04/10

蕎麦屋の看板

蕎麦屋の看板
私「『りゅうてい』なんてステキ」
夫「『やなぎてい』じゃないのー」
うーむ。

| | コメント (0)

2011/04/09

『日本橋夜のひとり噺・第12夜・特別編』@日本橋社会教育会館

4日。なんとか定時に会社を出るため、ものすごい勢いで仕事しました。お手洗いに行く間もなかった。とほほ。地震以後、寄席には行ってるけど、落語会はひさしぶり。3月中はキャンセルになった会も多かったしね。

 (開口一番)辰じん 『手紙無筆』
  風車 『看板のピン』
  白酒 『幾代餅』
 (仲入り)
  兼好 『粗忽の釘』
  市馬 『笠碁』

乗ってる噺家さんが揃いました。風車さんは寄席で一度見たことがあります。一生懸命さが笑いに繋がっているいるようで面白いです。
白酒師匠、兼好師匠と大爆笑でした。帰宅後夫にその話しをしたら「大爆笑の『幾代餅』ってどんなだよ」と言われましたが、大爆笑だったんだから仕方がない。両師匠とも、やってるのは古典落語で、その道ははずれていないんだけど、噺がピンピン飛び跳ねていて、テンポがよくて、客席がずるずる引きずられていくのよねー。いやぁ、楽しかった。笑った笑った。

トリの市馬師匠は、前に上がったみんなを「上り調子の噺家はずごい」と大いに持ち上げます。その勢いには太刀打ちできないという雰囲気を出しながら『笠碁』へ。よかったぁ。爆発するような笑いはないけれど、シトシト雨の中、主人公の二人のご隠居の姿をじっくりと描いていて貫禄の一席でした。
市馬師匠の『笠碁』を聴いていると、友達がみんな死んで、二人だけになった隠居が寄り添うように生きている姿が目に浮かんできて、いつもウルウルしてしまうのです。つまらない事で喧嘩した二人が仲直りするだけの話しなんだけどねー。

それぞれの噺家さんの個性がよくでた、気持ちのいい会でした。仕事が忙しくて、行くのをどうしようか迷いましたが行ってよかったです。

| | コメント (2)

花に嵐のたとえもあるさ

花に嵐のたとえもあるさ
自宅近くの公園にて。桜が満開です。あいにくのお天気で人通りもまばら。のんびりお散歩中です。あまりの暇さに、公園内の食堂のおばちゃんたちはよもやま話中。

| | コメント (0)

2011/04/07

日比谷公園は満開

日比谷公園は満開
いい天気です〜。昼休みに日比谷公園にきました。桜は満開。春風が吹くと花吹雪。仕事している場合じゃないですな〜。

| | コメント (2)

2011/04/06

本日のお昼ごはん@愛宕山

本日のお昼ごはん@愛宕山
同僚とお弁当持って愛宕山にお花見ランチ。ビニールシートひいてお花見しちゃダメなんだそう。以前はそんなことなかったのになー。
縁石に腰をおろしてお弁当。花より団子の私たち。愛宕神社にお参りして、男坂おりて帰りました。桜は七分咲きってこと。

| | コメント (0)

2011/04/03

桜ちらほら

桜ちらほら
自宅近くの公園に桜の咲きぐあいを見に行きました。ちらほらと咲き始めたところ。来週末が見頃かもしれません。あいにくの曇り空で肌寒いですが、お花見をしているグループもいました。

| | コメント (0)

2011/04/02

新年度

計画停電の影響で不安定だった電車のダイヤはほぼ通常に戻り、他路線との乗り入れも始まったので朝は今まで通りきっちりと遅れ、駅のホームには消えていたツアー旅行のパンフレットやポスターが(半分くらい)元に戻り、ちらほら桜が咲き始めた4月1日の朝は気持ちよく晴れました。昨日の続きの今日と言ってしまえばそうだけれど、何だか少しだけ気分が違う。会社員の私にはお正月の仕事始めより、この4月1日の方が年が改まったという気がします。

今年はなおさらそう思うのは、私の下に新卒者が一人入ったせいかもしれません。平成元年生まれですよー。私はもう社会人でしたよー。母上は私と同い年なんですよー。友人の子供達が高校生だ大学生だ社会人だというのだから、当然といえば当然なんですが、でも実感がわかない・・・。
今年大学を卒業した女性で、ウワサにきく就職活動のようすをきくと世代は変わったのだなぁと思います。正社員になるのが難しいってどういうことなんだー。これから就職活動を始める人は、地震や原発の影響で会社説明会が延期になったり募集がなかったりとこれまた大変らしい。

私たちの頃は雇均法の前で、大阪の郊外で上の下レベルの公立高校にかよい、勉強はほどほど、クラブ活動一生懸命、帰りは友達と寄り道三昧という高校生活をおくっていたので、大学は親にとめられ短大進学(4年生大学に行ったら就職はないし、嫁にもいけない)、勤めた会社で数年過ごし寿退社というのがほとんど。それで結構幸せなのだ。どんなに勉強しても女性が能力を発揮したいと思ったら、公務員しか道はなかった。だからがんばる女にはしんどい世の中だったと思います(私はあんまりがんばらないので、働ければどこでもよかった)。仕事と自分自身の間で悩み、揺れ動いた世代だと思います。私なんて面接の時に「結婚しても働きたい」「こういう資格を持っています」と言ったら「そんな人にきてもらっても困る」とよく言われたもんなー(笑)。セクハラなんて言葉どころかそういう概念もなかったし。ま、そんなもんだと思っていたのですよ。すいません。
パソコンもなかったから事務員の数は必要だった(店卸なんてたいへんよっ。給与計算、年末調整・・・思い出したくない)。たいていは勤めて数年で寿退社だから常に欠員があった。

今は「結婚しても働くの?」と驚かれる事も少ないだろうし、就職の選択肢もいっぱいあるし(女性が銀行の渉外係で外に出るなんて、信用組合くらいしかなかった)、何だってできるけど、そのぶん競争が激しいわけで(おまけに企業では人が辞めない)、普通の人にはしんどいだろうなぁと思います。みんながみんながんばる人なわけでもないし。スタートラインに立つだけで疲れちゃうね。
ウチみたいな中小企業にも、ちゃんとした4年生大学を出た人が新卒で入ってくるんだもんなぁ。←その分がんばってやってもらわないと困ると思うわたし。初日からいきなりドスンと仕事をしてもらったんですが、続くかなー。でも私は彼女が帰った後で自分の仕事をスタートだよ。明日も会社いってたまったのをやっつける。

そうそう。原発事故で逃げ出した同僚女子は結局3月いっぱいで退職。急きょ新卒で募集をかけて31日に面接→決定。4日から出社します。その人も今まで就職が決まっていなかったわけで、土壇場大逆転ってところでしょーか。どこにチャンスが残っているかわからないね、ほんと。

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »