« 三陸海岸 | トップページ | 地震のあったとき(後) »

2011/03/13

地震のあったとき(前)

11日。16時から国立劇場でお芝居見物の予定だったので、仕事は午前中でおしまい。昼食後新宿の伊勢丹で買い物をして、少し早めに劇場に向かいました。
半蔵門駅についたのは14:40頃。飲み物を買おうと駅前のコンビニに入って商品を選んでいるところでグラグラときました。そのまま治まると思っていたら、揺れはどんどんひどくなって行きます。
建物が揺れる音なのか地面からわき上がってくるような何ともいえない音がします。呆然としていたら買い物客のサラリーマンが「みんな外に出たほうがいい」と誘導してくれました。
歩道の手すりをつかみながら空をみあげると電線が踊るように揺れていて、筋向かいのペンシルビルが前後に揺れていました。そのまま倒れるかと思いました。ガラスが割れるような音がします。誰かから建物から離れろと言われて、車道に出て止まっている自動車につかまりました。まわりのビルからも大勢人が出てきて空を見上げています。随分長く揺れていたような気がします。ユッサユッサという感じだったので震源地は遠くだろうなと思いました。ついに東海地震がきたのか。

地区の防災無線が流れています。しばらくするとパトカーだかのサイレン音が聞こえてきました。今から思うと九段会館に向かったのかもしれません。たまたまお巡りさんが通りかかったので震源地がどこかきくと「東北らしいです」と答えてくれました。東北の地震で東京がこれだけ揺れたのなら、現地はどうなっているのかと恐ろしくなりました。

大変な事になりそうなので、コンビニに戻って念のために水と携帯の充電用に乾電池を買いました。これがあとで役に立ちました。コンビニの店内はお酒が倒れて割れたようで、お酒のにおいが充満していました。

とにかく国立劇場に向かいました。まだ開場前だったので劇場前にいる観客はわずかでした。入り口前のベンチに腰をかけて近くの人たちと、怖かったですね、揺れましたねと言葉を交わしていると、携帯のワンセグでニュースを見ている人が私にも見せてくれました。震源地は三陸沖で、震度7なんて声が聞こえてきました。うわっ。想像もつかない。

国立劇場の職員が出てきて今日の公演はどうするか決めているところだと案内がありました。何回か余震がありましたが、そのうちまた大きい揺れがきました。劇場のガラス扉が大きく揺れます。建物から離れてください!と声がしてみんな一斉に車寄せのある前庭に出ます。作業着姿の職員も大勢でてきました。ヘルメットに防災袋を背負った近くの会社の人も集団で出てきました。近くに見える高層マンションが横にユッサユッサと揺れていて、あんなに立派な建物でもあんな揺れ方をするのかと思うと心底ゾッとしました。

|

« 三陸海岸 | トップページ | 地震のあったとき(後) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三陸海岸 | トップページ | 地震のあったとき(後) »