« 『なぜ、これが傑作なの?』@ブリヂストン美術館 | トップページ | いじわるはステキだ。 »

2011/02/21

新潟麦酒


19日。玉椿での恒例、新酒の会に行きました。もう新酒の季節なのねー。
まだ若い出来たてのお酒を、白身魚の昆布〆や、菜の花のお料理でいただくと、もう春だなーとしみじみ。アンコウを使ったお料理もでてきて、そうだ、今年は水戸へアンコウを食べに行かなかった・・・。
最近はあまり飲んでいないので、一通り飲んだだけで結構酔っぱらってしまいました。
日本酒はいいよ。お料理と合わせる楽しみ、おいしいお料理とお酒と楽しいおしゃべりがあれば、それ以上に何が必要?

今回は日本酒の前にビールの紹介がありました。地ビールの新潟麦酒。→ここ
今回はケルシュが提供されました。食中に飲めるビールを目指しているということで、日本酒でいえば純米酒のような感じ。夫は少し苦手だと言っていましたが、私はとても面白いと思いました。お刺身や焼き魚、ワインが飲みたくなるような肉料理にもいいかも。
一次発酵のあと、ろ過せず瓶詰めにして瓶内で二次発酵させるそうです。きちんと温度管理をすれば1年、2年は大丈夫だそうです。ビールの古酒!飲んでみたいなぁ。
缶ビールは新潟駅なぞの売店で見かけたことがあります。いろいろ変わり種のビールも出しているようで、見つけたら買ってみようと思いました。

|

« 『なぜ、これが傑作なの?』@ブリヂストン美術館 | トップページ | いじわるはステキだ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『なぜ、これが傑作なの?』@ブリヂストン美術館 | トップページ | いじわるはステキだ。 »