« 国立劇場にて。 | トップページ | 12月大歌舞伎(『摂州合邦辻』)@日生劇場 »

2010/12/08

本日のあれこれ。

7日。せっせと仕事をすませて午後から有給をとりました。夕方から文楽なのだ。昼食は鴨南ばんそばを食べました。体の芯からほかほか。汗かいた。そのまま外に出たら風邪をひいちゃうよ。

文楽は17時からなので少し寄り道。渋谷の松濤美術館へ。何度行っても私は渋谷が苦手だ。町の空気が苦手。街も雑然としていて、おまけに道がぐちゃぐちゃ、人多すぎ。案の定道に迷ってしまいました(笑)。迷いながら松濤の町をちょっぴり探検。坂下の喧噪がウソみたいだね。

松濤美術館では『大正イマジュリィの世界』なる展覧会をやっていて、明治の終わりから大正、昭和の初めに駆けてのイラストレーション、装幀、絵はがきなどのデザインを多数紹介しています。小林かいちの絵はがきや便せんがあったのがうれしかった。竹中英太郎の「満州美人絵はがき」がすてき。思わず図録を買っちゃったよ。

文楽公演は国立劇場で。『本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)』が、人間関係がややこしくて(終わってから床本を読み直してしまったぜ)、おまけに最後は大変なことになってしまって(人形の引き抜きなんて、初めてみた)、今回は義太夫より人形に目が釘付けでした。いやー、熱演熱演。文楽を単なる人形劇だと思っていたら火傷(どんな?)するよ。

帰宅したらTVで海老蔵の記者会見を放送していてびっくりした。無期限謹慎ですか。同情の声もあるだろうけれど、舞台に穴をあけて、おまけに自分の座長公演も中止となれば、社会的責任をとらないと世間が納得しない。成田屋だけで芝居をしているわけではないからね。
毎日のように何かしら動きがあって、2週間近くたつというのに、いまだにTVのワイドショー、スポーツ新聞や週刊誌のネタになるっていうのは、成田屋にも、歌舞伎のためにもよくないから、どこかでいったん区切りをつけないと・・・ということではないでしょうか。
まわりが甘やかすことなく、どのくらい先になるかわからないけれど、ふたたび舞台に戻ってきたときは「いい役者になったね」とみんなから言われるようになってもらいたいです。

スーパーで千葉産のきれいなカリフラワーを売っていたので、ついつい買ってしまいました。晩ごはんにクリームシチューを作りました。

|

« 国立劇場にて。 | トップページ | 12月大歌舞伎(『摂州合邦辻』)@日生劇場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国立劇場にて。 | トップページ | 12月大歌舞伎(『摂州合邦辻』)@日生劇場 »