« 慶安太平記を借りてきた | トップページ | 久しぶりに沢渡温泉へ行きました(2日目) »

2010/10/16

池部良が亡くなったけど。

朝のワイドショーを見ながら夫と、池部良が亡くなったこと、あんまりニュースにならなかったねーと話しました。チリの鉱山の救出劇とか、他にもいろいろニュースがあったし、ほとんど地上波を見ていないので、気が付いていないだけかもしれませんが。最近の池部良はエッセイストとしての方が有名だろうし、池内淳子のようにすぐに頭に浮かぶテレビドラマの代表作がなかったからかもしれません。

14日の日経文化欄に山本富士子が追悼文を書いていて、ちょっとうるるとしてしまった。

池部良も映画俳優でした。私が思い浮かぶのは『雪国』『けものみち』。『トイレット部長』なんてのもある。やくざ映画はあまり好きではないので(お竜姐さんは大好きだけどさ)、昭和残侠伝は見てないけど、後年、脇役にまわってからの池部良って、シブイ存在感で記憶に残る、同じく脇役のアラカンに近い雰囲気があるよーな気がする。

加賀まりこがインタビューで「あれは、監督さんと池部さんの映画です」と言っていた『乾いた花』を録画したまま、まだ見ていないので、休みの時にゆっくり見よう。

|

« 慶安太平記を借りてきた | トップページ | 久しぶりに沢渡温泉へ行きました(2日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 慶安太平記を借りてきた | トップページ | 久しぶりに沢渡温泉へ行きました(2日目) »