« 無駄なものが好き | トップページ | 土曜日のわたし。 »

2010/10/28

久しぶりに落語を聴いた。

我ながらよく働いていると思う毎日。今日はキリよく仕事が終わったので、久しぶりに落語を聴きに行くことにしました。日暮里へ馬石師匠の勉強会へ行くか、落語カフェの菊志ん師匠の勉強会に行くか。何となくダラダラと聴きたい気分だったので、鈴本演芸場へ行くことにしました。夜の部のトリは萬窓師匠で、「萬窓九選」と称してネタ出しの会なのだ。仲入り前が代演で雲助師匠だし。

その雲助師匠は『素人鰻』でいいのかなぁ。前半は酒飲みが話しで、後半が鰻屋の主人が鰻を捕まえようとする話し。この鰻シーンが大ケッサク。雲助師匠が目で追うだけで、大きな水槽の中に鰻がたくさん入っていてうにゃうにゃしているのがわかるし、手を出して捕まえようとすると本当に鰻がにゅるりとすり抜けて行くんだよ。

津軽三味線の元九郎さんは「津軽あいや節」をたっぷり。アサダセンンセイも、今夜は妙に冴えていました。

萬窓師匠の落語を真面目にたっぷり聴くのは初めてかも。口跡がよく、見た目も話しぶりもすっきり。地味に思えるけど、印象がやわらかいのでどんな噺をしても嫌みに聞こえないのはいいよね。
今夜は『匙加減』で、講談からきたという大岡政談。とても丁寧な高座で感心いたしました。

|

« 無駄なものが好き | トップページ | 土曜日のわたし。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84234/49865390

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに落語を聴いた。:

« 無駄なものが好き | トップページ | 土曜日のわたし。 »