« 久しぶりに落語を聴いた。 | トップページ | おすすめ!『幕末・明治の超絶技巧』@泉屋博古館 »

2010/10/31

土曜日のわたし。

午後は夫とラグビー観戦で、夕方からは友人と会って飲む予定が台風のおかげで全部キャンセル。ラグビーの試合は予定通り行われて、夫はカッパ持参で出かけて行きましたが、私は雨の中ブルブル震えながら見るほど気合いは入っていないので。気合いが入っていないといっぺんで風邪ひいちゃうからね。

NHKで放送があった4月の歌舞伎座での『助六』を見る。『助六』は面白いですなー。歌舞伎の面白いところが詰まっているようなお芝居だ。さよなら公演ということもあって配役も豪華絢爛。それを見ているだけでも楽しい。衣装もいいよねぇ。特に揚巻のお正月飾りを背負っているような打掛が好きなんだ。あぁいう感性が面白い。
12月の日生劇場は菊五郎の一座で『摂州合邦辻』。さっそくチケットをとりました。菊之助の玉手御前が楽しみだよー。

前日スーパーで食材を買い込んでおいたので、買い物に出かける必要もなし。籠城状態で午後からは編み物。会社で使うひざ掛け制作中。出来上がった頃に冬が終わっていないことを願うのみ。
編み編みしながら歌舞伎チャンネルで昭和36年収録の『川連法眼館』を見ていたら、途中でやけに迫力満点のすごい義太夫が聞こえてきたので「なんじゃいな」と思ってみたら、文楽の綱大夫さんだった。ひえー。相三味線は弥七さんですかー。いい義太夫は話しの中身がよくわかります。お芝居は先代勘三郎の忠信、梅幸の静御前、羽左衛門の義経。今みたいに派手さは少ないけれど、とても丁寧で、登場人物みんなの気持ちがしみ込んできたよ。

台風は夕方に一番近づくとのこと。雨は強かったけど風はさほどでもなくてよかった。

|

« 久しぶりに落語を聴いた。 | トップページ | おすすめ!『幕末・明治の超絶技巧』@泉屋博古館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりに落語を聴いた。 | トップページ | おすすめ!『幕末・明治の超絶技巧』@泉屋博古館 »