« 今日はこれから… | トップページ | 秀山祭九月大歌舞伎(夜の部)@新橋演舞場 »

2010/09/12

秀山祭九月大歌舞伎(昼の部)@新橋演舞場

Enbujyo
結局昼夜行ってしまいました(^^)。よかったよー。
当代吉右衛門が祖父であり養父でもある初代吉右衛門を偲んで毎年行われている秀山祭。毎年楽しみにしているので今年も演舞場で行われてホッとしました。
昼の部の演目は以下の通り。

 昼の部
  月宴紅葉繍(つきのうたげもみじのいろどり)
  伊賀越道中双六 沼津
  江戸絵両国八景 荒川の佐吉
  寿梅鉢萬歳(ことぶきうめばちまんざい)

5日。最初と最後に舞踊、真ん中にお芝居二本。『沼津』→『荒川の佐吉』では大物が続いて見ている方は少し疲れてしまいました。両方ともとてもいいので余計に。落語でいうと、仲入り前に「芝浜」、トリで「鼠穴」聴くようなものかな。
16:20終演で夜の部は16:45開演なのですが、どうしても時間が押してしまって終演が遅れ気味。11日に夜の部を見に行った時は昼の部の終演前に扉を開けて地下の食堂を休憩室に開放していました。地下一階の踊り場にいると、舞台の音がスピーカーを通して聞こえてきて、これがまぁ、とてもいいのだ。ポンポン跳ねるような鼓や太鼓の音に長唄が重なって、ここで音だけ聴いているのもいいかもーと思ってしまうくらい。

『沼津』は期待通り。最初の街道の場面で茶屋の女に吉之丞、客に歌江がでてくるだけでジーンとしてしまった。いつまでも元気で舞台に出てください。
明るい街道筋、十兵衛と平作との出会いとウキウキするような楽しい場面から後半は、哀しい親子の出会いからつらい別れへと、すーっと流れていくのがさすが。吉右衛門の抑えた演技がなおさら切ない。初役という歌六の平作がすばらしい。たまらんなぁ。この人が出るか出ないかで話しの筋が違ってしまうほど歌六の存在は重くなっていると思います。
途中で歌六、歌昇の屋号が播磨屋に戻った口上もあり。私の好きな人たちが一門に加わってくれてうれしいよ。

『荒川の佐吉』は初めて見た。仁左衛門の当たり役とのことだけど、なるほどぴったり。大工からやくざになった佐吉は最後は親分に推されるくらいになるので、単なるチンピラで終わらない大きさが求められます。姿もよくないとね。それが仁左衛門に合うんだろうなぁ。とにかくいい話しで、真山青果が長谷川伸のようなこんな世話物を書くなんて、ちょっとびっくりでした。もうなんだか客席が涙の渦で、桜満開の中での大川の別れのラストシーンなんて、佐吉が花道でほーっとあたりを見回すと、それだけで花道にも客席にも一面に桜が咲いて満開になってしまうんだよ。ほれぼれしました。
また吉右衛門、福助が役柄に合っていて、特に福助が大店の後妻に収まった芸者上がりの女という雰囲気がよく出ていてよかったです。

|

« 今日はこれから… | トップページ | 秀山祭九月大歌舞伎(夜の部)@新橋演舞場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日はこれから… | トップページ | 秀山祭九月大歌舞伎(夜の部)@新橋演舞場 »