« ただいま開場 | トップページ | 義太夫節の魅力@国立劇場 »

2010/07/10

昨日の歌舞伎座


↑新橋演舞場に行く前に寄りました。屋根の上に作業員がのっていたので、瓦の取り外しが始まるのかもしれません。

そのあと演舞場へ。昼夜通しで見ましたが、断然夜の部がよかった。「暫」は楽しく、「傾城反魂香」で深く深く感動して、「馬盗人」で大笑い。気分良く劇場を後にしました。特に「傾城反魂香」はすばらしい。吉右衛門はもちろんですが、芝雀のおとくが説得力まんてんで、この役に打ち込んでいるのがよくわかります。汗と涙で最後は着物がどろどろだよ。配役もバッチリで必見であります。

|

« ただいま開場 | トップページ | 義太夫節の魅力@国立劇場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ただいま開場 | トップページ | 義太夫節の魅力@国立劇場 »