« 本日の晩ごはん@日本橋堀留町 | トップページ | 第22回特撰落語会 市馬・白酒二人会@日本橋社会教育会館ホール »

2010/06/08

本日の星占いは・・・

「思うように仕事がはかどらない」んだそーです。わたしのバアイ、仕事がはかどらないんじゃなくて、分量が多すぎるんだと思う。

先月から東京では歌舞伎がほとんど見られなくなって、今月はコクーン歌舞伎の外は、国立劇場の歌舞伎鑑賞教室くらい。国立劇場には今週出かける予定で、とーっても楽しみ。飢えてるって感じなのかなぁ。今までだって東京で見られる全お芝居をみているわけではないのに、「やってない」っていうだけで何だかさみしい。
国立劇場は、愛之助、孝太郎の松嶋屋による「鳴神」。結構評判もいいし、早く見たいわー。
昨夜はCSの歌舞伎チャンネルで「野崎村」を見て、うるうる。「寺子屋」と「野崎村」は絶対泣いちゃうお芝居です。ぐすん。ラストシーンの演出はすばらしいです。昨夜見たのは昭和51年の収録で、お光ちゃんを澤村藤十郎、久作が十三世仁左衛門の味わいぶかいいい舞台でした。仁左衛門の何気ないところがいいのよー。最後、呆然とたたずむお光ちゃんが落とした数珠を拾って、そっと握らせるところなんてさぁ(泣)。
このお芝居は先月、文楽でも見ましたが、何度見ても、主人公でもある久松にイライラ。あんたが頼りないのが悪い。もちっとしっかりしてれば、こんな悲劇はおきなかったんだ。ぷりぷり。でも久松がしっかり者だったら、お芝居にならないか。

お芝居といえば、松井今朝子さんがブログで、民主党をお芝居にたとえて書かれていて、そうだなーとふかーくうなずいてしまいましたとさ。→ここ

|

« 本日の晩ごはん@日本橋堀留町 | トップページ | 第22回特撰落語会 市馬・白酒二人会@日本橋社会教育会館ホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日の晩ごはん@日本橋堀留町 | トップページ | 第22回特撰落語会 市馬・白酒二人会@日本橋社会教育会館ホール »