« 有間川付近にて。 | トップページ | 訃報続く »

2010/05/05

柳亭市馬独演会@横浜にぎわい座

4日。夫と横浜遠征。

 (開口一番)市也 『狸札』
  バイオリン漫談 マグナム小林
  市馬  『堪忍袋』
 (仲入り)
  漫才  東京太・ゆめ子
  市馬  『茶の湯』

横浜にぎわい座の市馬師匠の会は、毎回ゲストが楽しみ。普段はどうしても好きな噺家さん中心に落語会や寄席へ行ってしまうので、知らない世界を見せてくれるこういう会は貴重なのだ(^^)。
今回もお二方とも初めて。マグナム小林さんのバイオリン漫談とはなんぞや?

マグナム小林さんはタップをふみながらバイオリンを弾く人でした(^^)。最初にいろいろな音(救急車や相撲の呼び出しなどなど)をバイオリンで聴かせてくれたあとタップの靴をはいてジンタからクラシック。いやはや楽しゅうございました。客席も大いにわきました。
漫才の京太・ゆめ子さんも初めて・・・と言ったら、夫に「知らないの?」と言われてしまいました。時間までたっぷり、久しぶりに漫才らしい漫才をみたなー。

市馬師匠の二席はネタだししてあったもの。『茶の湯』はもちろんですが市馬師匠の『堪忍袋』は大好きなのでとても楽しみでした。この噺だけは音源だけでは面白さ半減。おかみさんがプリプリ怒りながら袋を縫うところが最高なのだ。本当に高座に座っているのは噺家ではなくて長屋の年増のおかみさんだもんなぁ。

いい気分で会場を後にしました。
ひげ剃り機の部品を買うという夫につきあって秋葉原のヨドバシカメラへ。たまーに行くと新しい商品を見ることができていいもんです。
晩ごはんは夫のリクエストでお好み焼き。

|

« 有間川付近にて。 | トップページ | 訃報続く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 有間川付近にて。 | トップページ | 訃報続く »