« 本日のスカイツリー | トップページ | 歌舞伎そば »

2010/04/30

「白酒ばなし」と末廣亭

★白酒ばなし@のげシャーレ

27日。横浜遠征。白酒師匠の独演会

  時松  『桃太郎』&寄席の踊り(住吉おどり)
  白酒  『四段目』
 (仲入り)
  白酒  『抜け雀』

地下の小劇場なのでアングラっぽい雰囲気。そのせいか白酒師のマクラがいつになく毒たっぷり(^^)。
8月からは上のホールに場所を移して、年に4回ほどの会になるらしーです。


★新宿末廣亭4月下席夜の部8日目

28日。仕事がサクサク進んだので、さっさと退社、久しぶりの末廣亭。ポイントカード(というのか?)にハンコを押してもらった時に確認したら、前回は去年の5月でした。ひさしぶりだなぁ(そんな気はしないけれど)。雲助師匠がトリなんだよーん。

  落語  しん平  漫談と『後生鰻』
  落語  小満ん  『締め込み』
 (仲入り)
  落語  馬石   『狸札』
  太神楽 翁家勝丸
  落語  一朝   『唖の釣り』
  落語  南喬   『一目上がり』
  粋曲  小菊
  落語  雲助   『宿屋の富』

妙なところで拍手はするはヤジを飛ばすわのはた迷惑な酔っぱらいを一朝師匠が高座からピシリと注意。おかげでその後は静かになりました。ほっ。

しん平師匠が面白い。一瞬のうちに客席の空気を自分の手元に引き寄せるのはさすが。もう無性に鰻が食べたくなってしまったよ。
一朝師匠もいいなー。登場人物の全てが愛嬌があって可愛らしい。
雲助師匠の『宿屋の富』は、特別な演出は何もないのに何だかとてもいい感じ。富くじが当たっているのに気が付かず、地面に投げつけた富くじをジッと見下ろしながら、当たりくじの書き出しをジロッと見る雲助師匠の目つきがめちゃくちゃよくてゾッとしました。

|

« 本日のスカイツリー | トップページ | 歌舞伎そば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日のスカイツリー | トップページ | 歌舞伎そば »