« 結局最後は… | トップページ | 神楽坂落語まつり(13日昼の部)@毘沙門天善國寺 »

2010/03/13

神楽坂で見つけたもの。


神楽坂の毘沙門天で落語会。帰り道、神楽坂沿いの陶器店で見つけた箸置き。扇辰師で『阿武松』(お相撲の噺)、菊之丞師で『片棒』(けちん坊の噺)を聴いた後だし、とっても可愛かったので思わず買ってしまいました。むふふ。
市馬師匠は『七段目』。師匠の十八番で、もう何度も聴いているけれど、何度聴いても楽しいし、今日はまたノリノリでなおさら楽しかった。あぁ、やっぱしお芝居はいいなぁと落語を聴きながら思う不思議。

今日は4月歌舞伎座の歌舞伎会(一般会員)の先行発売日。帰宅後何度か電話をかけてみたけれど、ずーっと話し中だったのであきらめました。何が何でも必死で・・・ってわけではないので。それより、4月以降の熱が冷めた後のお芝居がどうなるのかと、ちょっぴり心配。でも私は見にいくよー。好きだもの。まだ見たことがないお芝居がてんこ盛りだもの。
これからは文楽も見るよ。先日、お芝居を見ながら、もっとパンチのある義太夫を聴きたいって思ってしまうって何なの(笑)。

|

« 結局最後は… | トップページ | 神楽坂落語まつり(13日昼の部)@毘沙門天善國寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結局最後は… | トップページ | 神楽坂落語まつり(13日昼の部)@毘沙門天善國寺 »