« 上野駅にて。 | トップページ | テレビを見た。 »

2010/03/09

鈴本演芸場3月上席夜の部7日目

今日は仕事帰りに鈴本へ行こうと思っていたのに結局お仕事。肩が張って鉄板を乗せているみたいです(泣)。明日は町内会の用事で行けないので菊之丞師匠がトリの寄席は日曜日だけしか行けませんでした。

7日。冷たい雨の一日。夫と鈴本演芸場へ。

 (開口一番)多ぼう 『寿限無』
  落語  菊六  『まんじゅうこわい』
  奇術  アサダ二世
  落語  扇遊  『一目上がり』
  落語  喜多八 『ぞめき』
  漫才  ゆめじうたじ
  落語  菊太楼 『強情灸』
  落語  しん平
 (仲入り)
  三味線漫談 小円歌
  落語  雲助  『子ほめ』
  太神楽曲芸 翁家和楽社中
  落語  菊之丞 『らくだ』

多ぼうさんは久しぶり。一言一言噛むように話します。古典あり漫談ありで息抜きのように色物さんが入って寄席らしい雰囲気を味わいました。
菊之丞師匠は『らくだ』。師匠で聴きたかった噺。たっぷりサゲまで。市馬師匠では何度か聴いていますが、随分と雰囲気が違います。どぎつい場面もあるけれど、不思議な雰囲気があります。これからどんどん成長ししていくような。
菊太楼さんは初めて。げんきいっぱい。扇遊師匠で『一目上がり』、雲助師匠で『子ほめ』が聴けたのがうれしかった。しん平師匠は場をわかせます。大笑いでした。内容はとても書けませんが(^^)。

|

« 上野駅にて。 | トップページ | テレビを見た。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上野駅にて。 | トップページ | テレビを見た。 »