« 春の大あらし | トップページ | スーパービュー »

2010/03/21

第16回「白酒ひとり」@内幸町ホール

19日。満員。

  白酒  『親子酒』
  白酒  アンケートの質問に答えるコーナ
      『転宅』
 (仲入り)
  白酒  『居残り佐平次』

圓生襲名にからんで行われた鳳楽、円丈による襲名争奪落語会の話しから始まって、相変わらずぶっ飛ばす白酒師匠(笑)。『親子酒』はベロベロに酔っぱらっていくところが最高。「そうなんだよねー。酔っぱらうとあぁいう感じなんだよねー。でも私は覚えてないけどさ(^^)」と一人で納得。
『転宅』は寄席で何度か聴いてるけど、何度聴いても泥棒が上目遣いで残り物をズルズル食べるところがおかしい。白酒師匠は目でものを言う。

仲入り後はたっぷり『居残り佐平次』。いい着物着てるなぁ・・・と思いつつ見てたら師匠が羽織を脱ぐときにシャラと音がした。私は着物を着ないし、着物のことはよくわからないけど、ずーっと仕立物をしていた祖母が大島を扱う時にそんな音がした。あの着物、大島だったのかなぁ。
落語の方は佐平次が時々ふっと見せる凄みのようなものに少し背筋がゾッとしました。佐平次はたぶん労咳で「ふん。この馬鹿野郎が」と世間に悪態をついている感じ。
今回のサゲは、だましとったお金を元手に一膳めし屋でもやるさという佐平次の言葉を聞いた廓の主人が「一杯くわされた」というもので、亡くなった右朝師匠が考えたサゲだということを、終わったあとで白酒師匠が一言そえました。名古屋かで時間があったときに「アンちゃん、こういうサゲを考えたんだけどね」という話しになったそう。静かな楽屋で右朝師の話しを白酒師が聞いている場面が目に浮かんで、いいシーンだなぁと思いました。

|

« 春の大あらし | トップページ | スーパービュー »

コメント

白酒さんと三三さんは、いつもおしゃれな着物着てますよね。
三三さんは、私服でもとってもおしゃれさんでした。

圓生襲名争奪落語会で、円丈師の『居残り佐平次』聞いてきました。
『幕末太陽伝』だと、脇役が多彩だけど、円丈師はほぼ佐平次だけにフォーカスが当たっている演出で、
無責任、お気楽な感じに仕上がってました。
色々な師匠で聞いてみたいです。

投稿: きょうこ | 2010/03/23 23:04

きょうこさん、こんばんは。お返事が遅くなりました。

>>圓生襲名争奪落語会で、円丈師の『居残り佐平次』聞いてきました。

私が読んでる落語ファンのブログでも、この時の円丈師の「居残り佐平次」はとても評判がよかったです。スカユさんも少し前に円丈師でこの噺を聴いたとかで、よかったーと話していたし、私も一度聴いてみたいです・・・って、円丈師の高座自体、接するチャンスがあまりないのですけど(^^)。

投稿: あやこ | 2010/04/04 20:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の大あらし | トップページ | スーパービュー »