« 柳亭市馬独演会@横浜にぎわい座 | トップページ | 草軽電鉄の出る映画 »

2010/02/04

立川談春独演会@横浜にぎわい座

3日。友人が行けなくなったというのでチケットを譲ってもらいました。一人で談春師の独演会に行くのは初めて。客席が気合いの入った人ばっかりだったらどうしよう・・・と少しドキドキ。連日の横浜遠征でさすがに疲れた・・・のか『鰍沢』の途中(旅人と女のやりとりのところ)でついウトウト。すいませんー。

  小春 『権助魚』
  談春 『鰍沢』
  (仲入り)
  談春 『大工しらべ』

小春ちゃんは久しぶり。1年以上聴いていないかも。ますます男か女か、子供か大人なのかわからなくなっていました。師匠に似てくるところもあるんだねー。ふと、小春ちゃんはどういう噺家になりたいのだろうと思いました。どんな噺をやりたいのだろう。二つ目になって、自分で会をするようになったら、少し見てみたいです。

談春師は市馬師匠の会にゲストで出るときくらいしか聴く機会がなくて、じっくり聴くのは久しぶりであります。場面の一つ一つをたっぷり丁寧にやるので、噺の筋がきちんと頭に入ってくるし情景がサーッと目に浮かんできます。そこが本当にうまいんだなぁ。
『大工しらべ』が面白かった。家主と棟梁がやり合うところは、自分もその場にいて「どうしよう」とオロオロしているような気分になりました。でもなんつーても与太郎がいいねー。談春師の与太郎はバカだけど、なかなかの知恵者だよ。

終わったあとは豆まき。節分だったんだ。一個とったよ。
東京は雪が降ったようで、自宅付近では植木にうっすら雪がつもっていました。まるでお菓子の上にふりかけた粉砂糖のよう。

|

« 柳亭市馬独演会@横浜にぎわい座 | トップページ | 草軽電鉄の出る映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柳亭市馬独演会@横浜にぎわい座 | トップページ | 草軽電鉄の出る映画 »