« 鈴本演芸場二月上席夜の部7日目 | トップページ | 2月も10日が過ぎました。 »

2010/02/12

五街道雲助一門会@横浜にぎわい座

9日。隔日で白酒師匠の落語を聴いてるよーな。大好きな雲助師匠の一門会ということで横浜遠征。師匠の一門会へ行くのは初めてであります。毎回この会では余興が名物らしいのですが、今回はなし。そのかわり、弥助さんの真打ち披露直前に行われるであろう一門会では、雲助&馬石で義太夫をやるとか。リアル「寝床」(笑)。

 (開口一番)志ん坊 『道灌』
  弥助  『ぞろぞろ』
  白酒  『寝床』
 (仲入り)
  馬石  『厩火事』
  雲助  『鰍沢』

志ん坊さんのハキハキしたところがいいなぁ。
弥助さんを聴くのは2回目。真打披露のときは、どんな噺をするんだろう。楽しみ。
『厩火事』はあまり好きな噺ではないのだけれど(髪結いのおかみさんがどうも苦手)、馬石師のおかみさんは本当にかわいくて、この噺を初めて楽しく聴けた。
で、白酒師の『寝床』。マクラは短くさっと噺に入りましたが、中身は強烈。この繁蔵と旦那が対決する白酒師匠の『寝床』は一味も二味も違うねぇ。何度でも聴きたいよん。

雲助師匠の『鰍沢』は去年の秋、芸術祭の優秀賞を受賞した一席で、席亭からのリクエストらしいです。
この程度で受賞できるのかなぞと思われるかもしれませんが・・・なぞと謙遜しながら噺へ。これがとってもよかった。雲助師匠でこの噺を聴くのは3度目ですが、一番ゾクッとしたかも。特に、亭主が帰ってきたあたりからの雰囲気がなんともいえない。亭主が雪を払うようすがよくて、間違って毒を飲んでしまったところではこちらの背筋が凍るようでした。あとはサゲまで一気に。雲助師匠の口調は落ち着いているのに、この緊張感はなんだろう。
雲助師匠の『鰍沢』は他の人がやる噺とはサゲが違っていて、チョンと柝が入って鳴り物入りの芝居仕立てになります。好みの問題だと思うけど、私はよく聴く『鰍沢』はサゲで雰囲気を壊していると感じてしまうので、雲助師匠のやり方が好きです。でも師匠みたいにやるには、噺だけうまくても無理だよねぇ。今回は柝の入り方が絶妙で、気持ちよかった。
噺が終わってから現実世界に戻るのに、しばらく時間がかかってしまいました。

|

« 鈴本演芸場二月上席夜の部7日目 | トップページ | 2月も10日が過ぎました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鈴本演芸場二月上席夜の部7日目 | トップページ | 2月も10日が過ぎました。 »