« 立川談春独演会@横浜にぎわい座 | トップページ | 鈴本演芸場上席夜の部4日目。 »

2010/02/04

草軽電鉄の出る映画

軽井沢と草津とを結んでいたローカル線、草軽電鉄(1962年廃止)が登場する映画といえば「カルメン故郷に帰る」が有名ですが、草軽の駅が舞台の映画「山鳩」というのが、地味ながらも存在していまして、今月、スカパーの衛星劇場で放送があります。→ここ
森繁の追悼特集であります。

ウワサでは聞いていたのですが、今回初めて見ました。いやー、出てくる出てくる。舞台の「落葉松沢駅」は小瀬温泉駅のようです。そこだけを変えてあって、後は軽井沢とか鶴溜とか、草軽の駅名がセリフに中に出てきます。もちろん、機関車も客車も出てくる。駅舎はもしかしたらセットかもしれません。

お話しは、やもめ暮らしの森繁演じる落葉松沢駅長が、ひょんな事から世話をする事になる若い女性(岡田茉莉子)と仲良くなって・・・というスケッチ風の小品です。原作が北条秀司なのねー。脚本が井手俊郎。
今は、温泉女将をやってる岡田茉莉子ですが(2時間ドラマ)若い頃も本当にきれいで、いつも不機嫌な表情をしているのが印象的でありますよ。

|

« 立川談春独演会@横浜にぎわい座 | トップページ | 鈴本演芸場上席夜の部4日目。 »

コメント

検索をしていて2年近く前のコラムを拝見しました。草軽電鉄の出る映画を私も観たかったなぁ。少し探しましたがレンタルできるようなDVDは今のところ見つかっていません。
今から35年前、友人と二人でご老人5、6名を引き連れ、北軽井沢駅から長日向駅までの線路跡を辿るハイキングを敢行したことが懐かしく思い出されます。あのときでさえ雑木が生えてきていて難行する処もあったのですから、今ではもう完全に自然に戻っているでしょうね。同行のご老人達は皆、草軽電鉄に乗ったことがある方々で、往時の様子をいろいろと語ってくれました。たとえば「のろのろ走っているので遠くに電車が見えてから走っていけば間に合った」とか、「屋根のない車両のほうが気持ちが良かった」とか。そんな思い出を語れるのも、友人一人になってしまいました。

投稿: 井村洋平 | 2011/11/07 09:20

井村さま

コメント、ありがとうございました。
草軽電鉄の廃線跡ははいまはもうほとんどが自然に戻っているでしょう。知人の住まいが軽井沢にあって、近くに廃線跡らしき小道があり、少し探検したことがあります。
いま、残っていれば、それなりの観光列車として活躍する場もあったろうになぁ・・・とも思います。

さて、私がおすすめした映画「山鳩」ですが、なんと、今月末に東京の映画館でかかります。神保町シアターで、岡田茉莉子の特集があるのです。たぶん、めったに見られない映画だと思いますので、東京のお近くにお住まいでしたらぜひご覧になってください。

http://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/index.html

投稿: あやこ | 2011/11/07 12:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立川談春独演会@横浜にぎわい座 | トップページ | 鈴本演芸場上席夜の部4日目。 »