« 寒い日。 | トップページ | 五街道雲助一門会@横浜にぎわい座 »

2010/02/09

鈴本演芸場二月上席夜の部7日目

7日。夫と鈴本へ。白酒ファンの夫は平日は寄席に行く時間がないのでこの日しか行けないのです。市馬師匠がトリの新宿へ・・・とも思ったのですが、結局夫に付き合いました。開場を待っていたら昼の部の出番が終わった一朝師匠がお弟子さんと出てきました。そのお弟子のご家族が見に来ていらしたようで、ご挨拶。一朝師匠はお弟子さんに一緒に行くように言って、そのお弟子さんは師匠に恐縮しながらご家族と去って行きました。なんだかとてもいい風景だったぞ。

  (開口一番)はら生 『やかん』
  落語  たけ平 『道灌』
  大神楽 仙三郎社中
  落語  馬石  『鮑のし』
  落語  扇遊  『蜘蛛駕籠』
  漫才  遊平・かほり
  落語  勢朝  『紀州』
  落語  雲助  『代書屋』
  (仲入り)
  粋曲  小菊
  講談  琴調  『徂徠豆腐』
  マジック 世津子
  落語  白酒  『寝床』

客席は8割くらいの入り。白酒師匠目当て(らしき)お客さんも多し。時間の都合かトリの前に帰る人が何人かいました。なんでー。白酒師匠聴かないとソンするよ。
白酒師の『寝床』は去年の今ごろに聴いて、それは面白かったので、また聴きたかった噺。夫もずーっと「聴きたい聴きたい」と言っていたので、夫婦そろって小さくガッツポーズ。
白酒師匠の『寝床』は、旦那と繁蔵のやりとりが最高。旦那の義太夫の会に来られない理由が、「小沢の倅は警察の事情聴取があるとかで、何かはよくわからないんだそうですが。頭は贔屓の相撲取りのゴタゴタで両国へ行かないといけないそうで」なんだもん(笑)。最後には繁蔵にハッキリと「下手です」と言い切られてしまう旦那がかわいそうになってきて、「そんな事言わないで聞いてあげればいいやーん」と思ってしまうけど、でも実際に聞くのは命がけだもんなー。流れ義太に当たって倒れた人に人工呼吸したり、古典落語なんだけど、頭に描くシーンはアメリカのスラップスティック・コメディ映画みたい。私はどーしてもマルクス・ブラザーズが頭に浮かんじゃうんですけどねー。チコが流れ義太に当たってぶっ倒れて、それをハーポがせっせと人工呼吸して、その横でグルーチョが流れ義太をよけながら飲み食いしてんの。

|

« 寒い日。 | トップページ | 五街道雲助一門会@横浜にぎわい座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒い日。 | トップページ | 五街道雲助一門会@横浜にぎわい座 »