« 会社が入っているビルのエレベーターホールにある自動販売機 | トップページ | 2月に読んだ本 »

2010/02/28

第7回フジテレビ目玉名人会@フジテレビマルチシアター

27日。今月からお台場のフジテレビに場所を変えて再出発したという落語会。間に色物さんを入れた寄席っぽい番組にしてあるそうです。毎月偶数月に開催するとのこと。
「落語を聴きたいですー」という夫の会社の若い女性2名も一緒です。そのうちの一人は私と20歳違い・・・。自分の子供でもおかしくないんだ・・・。ぶひー。

  (開口一番)辰じん 『狸札』
  トーク  塚越孝アナウンサー 高木広子アナウンサー
  落語   菊之丞  『浮世床』
  トーク  塚越孝アナウンサー 高木広子アナウンサー
  三味線漫談 小円歌(踊り:奴さん)
  トーク  菊之丞 塚越孝アナウンサー 高木広子アナウンサー
  (仲入り)
  落語   菊之丞  『井戸の茶碗』

盛りだくさんの中身たっぷりの会でした。会場の椅子の座り心地がよかった。満員で大入り袋が出ました。

菊之丞師匠で『浮世床』は初めて聴いた。楽しくて楽しくて。終わった後のトークコーナーで「長くなってすいません」とおっしゃっていましたが、もっと聴いていたかったよー。
小円歌さんは寄席で何度か聴いたことあり。お座敷で遊んでいるようで気持ちがなごみます。塚越アナウンサーのリクエストがあったからか、かつての名人の出囃子をやって、最後は奴さんを踊っておしまい。太鼓をたたいていたのは菊之丞師匠じゃないかなぁ。
仲入り前のトークコーナーでは菊之丞師匠と落語の出会いや入門時のはなし。

『井戸の茶碗』は半年前に池袋演芸場で聴きました。あの時がネタ下ろしだったような。その時の事を思い出すと、ぐっと噺が落ち着いていて聴きやすかったです。サラッと聴かせているようなのに、終わってみれば結構長時間で、いい噺を聴いたと心地よく会場を後にすることができました。お客さんを嫌な気持ちにさせないってとても大事な事だと思う。一緒にいった夫の同僚女子たちも喜んでくれてよかった。出口に向かっている時に後ろから「『井戸の茶碗』はそんなに好きな噺じゃないんだけど、今日のはよかった」なんて声が後ろから聞こえてきて、それもうれしかった。

終わったのが7時前だったので、そのまま4人で玉椿へ。結構飲んでしまいました。楽しかったよん。それにしても・・・20歳も年が違うと、彼女たちは日航機墜落事故を知らない(記憶にない)のですよ。私は社会人だったよ。

|

« 会社が入っているビルのエレベーターホールにある自動販売機 | トップページ | 2月に読んだ本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会社が入っているビルのエレベーターホールにある自動販売機 | トップページ | 2月に読んだ本 »