« 鍋部忘年会 | トップページ | 仕事納め »

2009/12/28

市馬落語集@銀座ブロッサム

27日。今年最後の市馬師匠の会で、私の落語聴きおさめ。ゲストに談春師匠、花緑師匠を呼んでのゴージャズ版。後半はもちろん「市馬歌謡ショー」。30周年を記念した会ということで、フルバンドを入れたこれまたゴージャス版。

  市楽  『悋気の独楽』
  市馬  『味噌蔵』
  花緑  『天狗裁き』
  談春  『小猿七之助』
  (仲入り)
  大喜利 昭和歌謡大全集(演奏:クミ伊藤とニューサウンズオーケストラ)

ゴージャスといえば、ゲストもバンドもだけれど、高座返しが何と三三師匠(笑)。最初は誰だかわからずに「あれ、もしかして?」と客席がざわつく。
お祭り気分の楽しい楽しい会でした。市馬師匠が一番楽しそうだったかも。市馬師匠の『味噌蔵』は大好きな噺なので、1年の最後に聴けてうれしい。途中で番頭さんが「今夜は覚悟しなさいよ云々」と、後半の歌謡ショーにかけた話し方をして客席の笑いを誘っていました。
『小猿七之助』は初めて聴きました。お芝居ですね。ネットで検索してみたら(こういう時にネットは便利)河竹黙阿弥の世話物狂言らしく、清元の『夕立』も『小猿七之助』にちなんだものとか。これから気を付けていよう。
談春師匠は久しぶりに聴きました。あの口調が、客席を噺の世界に一気に引きずり込むんだねー。
市楽さんの『悋気の独楽』は、彼が二つ目になる前に聴いたなぁと思い出す。随分と噺がこなれて面白く聴きました。

歌謡ショーの市馬師匠は、最初はタキシード、そのあとキンキラキンのジャケットにお着替え。眩しいよぉ。
夫は市馬師匠の歌謡ショーは初めてだったので、戦々恐々といった感じでしたが始まるとニコニコしながら聴いていました。ショーの最中に家元から「いま、何を歌ってんだ」と電話が入ったなんてエピソードも。
最後はゲストや楽屋にいた各師匠のお弟子さんたち、お囃子さんも舞台に登場してフィナーレ。曲は春日八郎の『赤いランプの終列車』だったか。
1年のしめくくりに気持ちよく過ごせたヒトトキでした。来年も市馬師匠のいい落語をいろいろ聴きたいであります。

|

« 鍋部忘年会 | トップページ | 仕事納め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鍋部忘年会 | トップページ | 仕事納め »