« 今年の落語。 | トップページ | よいお年をお迎え下さい。 »

2009/12/31

今年のお芝居。

こちらも一応まとめ。
お芝居に行こうと思うと会社を休まないといけないし(休日は他の予定もあるし、チケットも取りにくいのだ)、そうなると会社帰りに行ける落語会とは違って都合もつけにくい・・・と思うように見にいけなかったけれど、それでも「これは・・・」と思うのはあらまし行けました。『伽羅先代萩』に行かなかったのはちょっと悔やまれます。

やっぱし中村吉右衛門はいいです。2月歌舞伎座の『勧進帳』の弁慶もよかったけれど、9月の歌舞伎座で見た富樫が絶品でした。命をかけて義経一行を見逃す覚悟をひしひしと感じました。10月歌舞伎座『渡海屋・大物浦』もよかったしなー。
他の役者さんでは富十郎が印象に残りました。12月国立劇場『頼朝の死』の政子が迫力満点。9月歌舞伎座『松竹梅湯島掛額』は一度見たかったお芝居なので、うれしゅうございました。今年は亀治郎を見る機会がなくて残念。

12月に久しぶりに文楽を見て、面白さ再認識。人間が動くのと違って人形なので場面の転換が早いし、筋もわかりやすい。ベンベンの義太夫もいいし、びっくりしたのは以前と違って義太夫の言葉が何とはなしに聞き取れるようになってきたこと。慣れるとは恐ろしい・・・・ということで、来年は文楽も見に行こうと思っています。まずは2月の国立劇場(^^)。

そうそう、8月に志らく師匠主催の劇を見に行きました。市馬師匠が役者デビュー。お歌もたくさん歌って、ファンにはうれしいことでした。

|

« 今年の落語。 | トップページ | よいお年をお迎え下さい。 »

コメント

去年の日記に書くのもアレかと思いましたが、本年も宜しくお願いいたします。

『渡海屋・大物浦』良かったですよね。吉右衛門っていいなと思いました。生で芝居を見始めてまだほんの半年ですので、いろいろ教えてください。

文楽も今年が初ですが、人形が右に左にびゅんびゅん動いていくのにびっくりしました。女殺油地獄だったせいかもしれませんけれども。

投稿: j_i_k_a_n | 2010/01/01 22:13

j_i_k_a_nさん、こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

>>『渡海屋・大物浦』良かったですよね。吉右衛門っていいなと思いました。

ですよねー。吉右衛門は本当にいいです。たぶん今が一番いい時で、今こそ見ておかないといけない役者さんなんだと思います。あと、花緑・・・ちがう歌六もいいです。しぶい役が多いですけど、歌六が脇をグッと締めると舞台に深みが出てきます。

お芝居は私も見始めて間がないのです。次から次へと見たいお芝居が出てきてキリがないです。

文楽はこれから。まずは2月の「曾根崎心中」を見に行くつもり。

投稿: あやこ | 2010/01/02 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の落語。 | トップページ | よいお年をお迎え下さい。 »