« 競艇場のアンテナショップ? | トップページ | 今日の空@国立競技場 »

2009/12/06

第5回三田落語会夜の部@三田仏教伝道センターホール

 (開口一番)市也 『真田小僧』
  市馬  『時そば』
  喜多八 『棒鱈』
 (仲入り)
  喜多八 『いかけ屋』
  市馬  『掛取萬歳』(狂歌→義太夫→喧嘩→芝居→三河萬歳)

チケットぴあで買ったせいか、席は後ろの方でしたが、そのぶん少し離れてのんびり聴けたかも。

喜多八師匠は、なかなか聴く機会がないのですが、『棒鱈』なぞを聴いていると、この師匠でじっくり廓噺を聴いてみたくなりました。

市馬師匠の『時そば』。誰でも知っているポピュラーな噺を、奇をてらうことなく当たり前にやってクスッと面白い。大爆笑ってわけではないけど、このニヤニヤかげんがいいのだ。冷たい雨の降る夜にぴったり。

最後に登場した市馬師匠。「そろそろお聴き疲れでございましょう」なぁんて言いながら年末の挨拶。そして待ってましたの『掛け取り』なれど、今回は義太夫が入って、三河万歳で下げる『掛取萬歳』。TVで圓生がやっていたのを見たことがあるけど市馬師匠では初めて聴きました。古風で地味だけどいいもんですなー。どこかで「市馬の三河万歳でさげる『掛取萬歳』が好きだ」と書いていたのを読んだ記憶があるけれど全くその通り。これまた年末らしくてよろしゅうございました。
義太夫節の文句が、同じく『掛け取り』でやる相撲甚句の文句と同じでありました。節が変われば印象も変わります。
一度市馬師匠で『豊竹屋』、聴きたいです。

|

« 競艇場のアンテナショップ? | トップページ | 今日の空@国立競技場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 競艇場のアンテナショップ? | トップページ | 今日の空@国立競技場 »