« 本日のお昼ごはん@虎ノ門 | トップページ | 上海バンスキングふたたび! »

2009/12/08

柳亭市馬独演会@横浜にぎわい座

  市楽 『道灌』
  市馬 『禁酒番屋』
  川柳 『大ガーコン』
  おたのしみ:市馬 『俵星玄蕃』
  (仲入り)
  市馬 『淀五郎』

7日。満席。2階も開いて補助席も出ていました。
やっぱり市馬師匠はいいなぁと、しみじみしてしまった一夜でした。市馬師匠を聴いたことがない人も、今夜の独演会を聴いたら、いっぺんで参っちゃうんじゃなかろーか(^^)。
『禁酒番屋』なんて一歩間違えば汚い後味の悪い噺になるところを、きれいにまとめて呑気な楽しい噺にしてしまうところが師匠のうまさ。
いつになくノリノリで元気な川柳師匠はたっぷりと『大ガーコン』。そういえば翌日は12月8日ではないですか。『ガーコン』は立派な反戦落語でもあると思っているので、感慨深く聴いておりました。
仲入り前はお楽しみ。袴をつけて登場したので、もしや・・・と思っていたら十八番の『俵星玄蕃』!絶品ですね。帰宅後夫に「私が死んだら葬式の余興で市馬師匠を呼んで『俵星玄蕃』をやってもらって」と言ったら「葬式で余興やんの?」と言われました。やっぱマズイかなぁ。それより自分が聴けないからつまらんか。

今夜のお目当てはネタだしされていた『淀五郎』。お芝居の「仮名手本忠臣蔵」四段目、判官切腹の段を舞台にした芝居噺です。
主役の塩冶判官役に大抜擢された淀五郎。張り切って臨みますがうまくいかず、初日、二日目と自分を抜擢してくれた座頭の團蔵に舞台上で無視され続けます。團蔵の忠告も耳に入らない淀五郎は思いあまって團蔵を刺し殺し、自分も死のうと思い詰め、最後に自分をかわいがってくれた仲蔵に挨拶にいきます。淀五郎の様子がおかしいのに気が付いた仲蔵は、かれをさとし、演技のポイントをアドバイスします・・・

一度お芝居の四段目を見ておくと、場面の一つ一つが盛り上がるように甦ってくるけれど、知らなくても十分楽しめるのは市馬師匠の力量なんでしょうね。それには噺がうまいだけじゃなくて、実際にお芝居を見ていて、なおかつ好きじゃないと出来ないと思いました。私が見た四段目は判官が菊五郎で由良之助が幸四郎だったなー。この段だけは一旦始まると客席への出入りができなくなります。開演前にその案内があって、客席は緊張した厳粛な雰囲気になるし、太棹の「べーんべーん」という響きでますますドキドキするし、一度劇場で見るといいお芝居であります。そういう緊張感も市馬師匠の噺からは感じることができました。
淀五郎をさとす仲蔵がしみじみよかった。登場人物は、淀五郎、團蔵、仲蔵の3人ですが、その3人の表情やしぐさで、お芝居の様子や場面、気持ちを表すところが秀逸でした。

今夜は国立小劇場で文楽を見ます。演目が「仮名手本忠臣蔵」で判官切腹の段もかかるので、観劇がすっごーく楽しみになりました。

|

« 本日のお昼ごはん@虎ノ門 | トップページ | 上海バンスキングふたたび! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日のお昼ごはん@虎ノ門 | トップページ | 上海バンスキングふたたび! »