« 岡本綺堂『風俗江戸東京物語』@河出文庫 | トップページ | ウルトラサイダー »

2009/11/24

ラグビー早慶戦を見に行く。

毎年11月23日は秩父宮ラグビー場へ早慶戦を見に行くのだ。今年も早々に(夫が)チケットをとって出かけました・・・が、ラグビー場についてびっくり。私たちの席がありませぬ。シーズンオフに座席の改修工事があって、今まで席があったところが記者席になったようす。そのデータを更新しないままチケットを販売したようなのです(たぶん)。だから席がない人は一人や二人ではないのだ。うひゃー。結局TVカメラ近くの空席を案内されました。その一角は席なし難民だらけ。

ここんとこほとんどラグビーはみていないので、両校の今年のチームが云々というのはわからんのですが、大学ラグビーらしい面白い試合を見せてくれました。
慶應は最初からチームの意思統一ができていたように思います。自分たちが何をやりたいのか、どういうゲームをしていたのか、一つ一つのプレーからそれを感じる事が出来ました。とにかく低いタックルで相手を倒し、前に出ていく。それだけで試合が引き締まりました。慶應がとったトライはとてもきれいなトライでした。
早稲田は全体に中途半端に感じました。肝心なところでミスが多かったし。後半20分、ゴール前での攻防は見応えがありましたが、20分やって結局1トライかぁ・・という気がするし、慶應は反則が多かったけれど、逆によく持ちこたえたと感心しちゃいました。

試合は20対20の引き分け。慶應はやりたい事ができて、これからの自信につながるゲームだったのではないでしょうか。早稲田は反省点が多いだろうなぁ。もっと出来たと思うよ。
それはノーサイドの後の、両校の選手達の表情に表れていたように思います。さっぱりとした表情の慶應、まるで負けたような早稲田。

秩父宮ラグビー場は満員。波が盛り上がるような歓声を久しぶりに聴いたなぁ。

|

« 岡本綺堂『風俗江戸東京物語』@河出文庫 | トップページ | ウルトラサイダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岡本綺堂『風俗江戸東京物語』@河出文庫 | トップページ | ウルトラサイダー »