« 今月の歌舞伎座。『渡海屋・大物浦』は必見。 | トップページ | この電車に乗ってまーす。 »

2009/10/11

お通夜。

今日は夫と先日亡くなった友人のお通夜に行ってきました。
彼と会ったのは10年以上前、パソコン通信の趣味系の某ネットを通じてでした。インターネットなどがこれほど身近になる前、いまから思えばアナログちっくな感じがしますが、それはそれで和気あいあいとしたものでした。
そのネットはとにかくオフ会が盛んで、ネット上のつきあいだけではなくて実際に会うこともありました。そうなるとまた親しみもわくもの。
彼は家業が忙しくオフ会にはなかなか参加ができませんでしたが、それでもたまに会うと人なつこい笑顔で話しかけてくれて、あれこれ楽しいヒトトキを過ごしました。奥さまと男の子が一人いて、ご家族のことをそれは大切にしていて、話題の中に息子さんの事がでないことはありませんでした。たまには家族連れでオフ会に参加されることもありました。

私がそのネットを離れてから自然と疎遠になり、それでも年賀状のやりとりは続いていました。最後に会ったのは3年前の忘年会。家業をたたみ、難関の試験を突破して取った資格を生かした仕事をこれから始めると明るく話してくれました。その後の年賀状にも毎年仕事のことが書いてあって、彼の誠実な人柄でお客さまも増えていたんだろうと思っていました。

事実、いいお客さまもついて日本中を忙しく飛び回っていたそうです。そんな中、出張先での急死でした。

まさか自分が冷たくなって東京に戻るとは想像もしていなかったろう、一番びっくりしているのは彼でしょう。そして家族や仕事を残しての死はどんなに無念だったことか。
奥さまとも面識があるので少しお話しもしましたが、残された人たちの事を思うと、何だか無性に腹が立ってきました。誰に対してではありませんが。

友人、仕事仲間が大勢参列されて、彼の人柄を思いました。

|

« 今月の歌舞伎座。『渡海屋・大物浦』は必見。 | トップページ | この電車に乗ってまーす。 »

コメント

お通夜、お疲れ様でした。

腹が立つ、という気持ち、なんとなくわかる様な気がします。

私も中学校の同窓会でクラスメートが20代そこそこで亡くなっていたという話を聞かされ、同じように感じたことがありました。
後から考えると「理不尽」さ、「不公平」さに憤ったのだと思いました。
当然与えてもらえるべき「今後」が彼には与えられなかったということに腹が立っていたのでした。

ご冥福をお祈りします。

投稿: じゅぴたー | 2009/10/11 10:03

じゅぴたーさん、コメントありがとうございます。

同年代の、それも身近にお付き合いのあった人が亡くなるのはつらいです。

>>当然与えてもらえるべき「今後」が彼には与えられなかったということに

友人も来月、仲間達と旅の計画をたてていたと聞きました。
「死」はいつかみんなに平等に訪れるものですが、それにしても「なんで彼だったんだろう」という気持ちでいっぱいです。


投稿: あやこ | 2009/10/12 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月の歌舞伎座。『渡海屋・大物浦』は必見。 | トップページ | この電車に乗ってまーす。 »