« 市馬落語集@日本橋社会教育会館 | トップページ | 『夢と追憶の江戸-高橋誠一郎浮世絵コレクション名品展-』@三井記念美術館 »

2009/10/18

鈴本演芸場中席夜の部5日目・7日目

鈴本演芸場中席夜の部のトリは菊之丞師匠。他の出演者も私が好きな人が続いてうれしい。
寄席へ通うのは久しぶりのような気がします。

15日
   落語  さん喬 『短命』
   落語  雲助  『辰巳の辻占』
  (仲入り)
   三味線漫談 紫文
   落語  文左衛門 『道灌』
   大神楽 仙三郎社中
   落語  菊之丞 『不動坊火焔』

17日
  (開口一番) 辰じん 『手紙無筆』
   落語  ちよりん 『出来心』
   マジック 花島世津子
   落語  菊志ん 『湯屋番』
   落語  扇辰  『目黒の秋刀魚』
   漫才  ゆめじうたじ
   落語  さん喬 『長短』
   落語  雲助  『家見舞』
  (仲入り)
   大神楽 仙三郎社中
   落語  玉の輔 『動物園』
   漫才  笑組
   落語  菊之丞 『明烏』

さん喬師匠→雲助師匠への流れが大人の雰囲気があってとってもすてき。「さん喬・権太楼二人会」はよくあるけど「さん喬・雲助二人会」はあまりないですね。あれば行きたいなぁ。

『長短』は志ん五師匠のイメージがとても強くて、他の噺家さんでは初めて聴いた。どちらがいいとか悪いとかではなくて、噺家さんでこんなに雰囲気が変わるもんかーと味わいながら聴いていました。一緒に行った夫も「志ん五師匠の事を思いだしたよ」と言っていました。

菊志ん師匠は注目している噺家さん。勢いがあってテンポよく客席を引っ張っていきます。この日のお客さんはよく笑うお客さんでものすごく受けていました。もっと聴きたいのだけれど機会がなくてさみしい。毎月やってる勉強会も、他の会と重なってしまう事が多くて、なかなか行けないのよねぇ。
その後の扇辰師匠は噛みしめるほどに味が出てくるような、菊志ん師匠とは全く違う味わいがあって面白かったです。
マジックの世津子さん、こっそりファンなのだ(^^)。

17日の仲入り後は予定では代演で津軽三味線の元九郎さんだったのに、来られなくなったのか仙三郎社中の若手、仙三さん、仙花さんの二人が出てきてたっぷり20分。汗だくになってました。大神楽は好きなので、いっぱい見られてうれしかった。
玉の輔師匠のあとは笑組(えぐみ)が出てきてちょっぴり5分ほど(^^)。笑組は好きなので、もうちょっと聴いていたかったなー。浅草の出番が終わってあの舞台衣装のまま(笑)銀座線に乗って来たんじゃないかなぁ。たぶん。

トリの菊之丞師匠。15日の『不動坊火焔』も17日の『明烏』もよろしゅうございました。長屋の連中のドタバタも廓噺も、くどくなくサラリとやるのが魅力でしょうか。サラリとやるんだけどダシはとっても効いているのだ。特に『明烏』はとっても色気があって印象に残りました。
白酒師匠も以前「廓噺をやりたい」とおっしゃっていたけれど、噺家さんにとって廓噺は魅力のあるやりたい分野なのかしらん。時代がずれてるって見方もあるだろうけれど、私は廓噺って男のくだらなさ、バカバカしさがよく出ていて好きな落語であります。

|

« 市馬落語集@日本橋社会教育会館 | トップページ | 『夢と追憶の江戸-高橋誠一郎浮世絵コレクション名品展-』@三井記念美術館 »

コメント

お邪魔します。
ご来場ありがとうございました。
さすがにあの格好で銀座線には…
くるくるパーだと思われます。
昨日は浅草さんの高座を下りるやいなや、
「衣装のままタクシーで鈴本さんへ!」
と協会事務局長から命じられ伺った次第でして。
五分の高座後も丞師匠に
「お先にごめんなさい!なんせ使ってる楽屋が浅草にあるもんで!!」
なんて言ってただちに失礼しました。
高座が短かったのも
『時間通りにお目当てに』
という掟に従ったのでして、
決して手抜きではございません。
どうぞ、ご了承下さいませ。
お邪魔しました。

投稿: 笑組・めがね | 2009/10/18 15:49

笑組・めがねさま。
わー。コメントありがとうございます。わざわざすいません(^^)。

タクシーかぁ。そうですよね。あの格好で銀座線に乗ったらマズイですよね。頭の中でいろいろ想像していたんですが。
楽屋が浅草で舞台が上野なんて、なんだかとってもゴージャスな気がします。ゴージャスな5分間でした。
応援していますので、がんばってくださいね。

投稿: あやこ | 2009/10/19 01:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 市馬落語集@日本橋社会教育会館 | トップページ | 『夢と追憶の江戸-高橋誠一郎浮世絵コレクション名品展-』@三井記念美術館 »