« 地震がありました。 | トップページ | 東京駅にて。その1 »

2009/08/13

「星新一時代小説集 天の巻」@ポプラ文庫

20090813_
旅行中に読む本はないかなーと書店に行って、見つけて買って、出かける前に読み始めて、出かける前に読み終わってしまいました。あちゃー。

星新一と時代小説、なんとなーく合わないなーと思いつつ、読んでみれば、文体、抽象的な場所や登場人物、ストーリーの面白さ(奇抜さ)でぐいぐい惹きつけていくところなど、やっぱり星新一でした。登場人物の名前だけはさすがに「エヌ氏」というわけにはいきませんけど。

私は特に、藩内に隠密が潜んでいるのではないか・・・と疑心暗鬼になった藩の重役だちが、どんどんエスカレートしていく『江戸から来た男』が面白かったです。『江戸から来た男』なんて、題名もやっぱりSFみたい(^^)。
夏休みの友にぴったりの、おすすめの本でありまする。
「天の巻」というくらいだから、続編も出るのかなー。楽しみだなー。

|

« 地震がありました。 | トップページ | 東京駅にて。その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地震がありました。 | トップページ | 東京駅にて。その1 »