« スーパーひたち4 時間21分 | トップページ | 昼休み »

2009/06/02

落語の中の好きな女性

色川武大の『寄席放浪記』を読んでたら、矢野誠一との対談で、矢野誠一が昔(金馬や志ん生が生きてる頃)『落語白書』という同人誌を出して(1号だけだったそうですが)、その時に噺家さんに「あなたの一番好きな落語の中の女性は誰ですか?」というアンケートをとったという話しが出てきた。返事の中で一番多かったのは「厩火事」の、おさきだったそうです。2番は「品川心中」のお染。
なるほどなー。

わたし、「厩火事」はどうも苦手なのです。市馬師匠でも雲助師匠でも聴いたけど、やっぱり苦手。

髪結いの、おさきは年下の亭主(もちろん髪結いの亭主で、主夫なわけですが)が、自分の事を思ってくれているか心配で仕方がない。相談したご隠居の入れ知恵で、亭主が大切にしている皿をわざと割って、その時に、真っ先に自分の事を心配するか、皿の事を心配するかで亭主の気持ちを確かめようとするって話し。
で、この、おさきが私はどうも気に入らない。気に入らないから噺全体も楽しめない。なんかイヤなんだー。
たぶん、私は現代人の私の視点で、この落語を聴いているんだと思う。「そういう了見でどーすんだ」と、おきさに対して思っちゃうんですなー。それでもって、殿方はおさきのような女性が好きだろーなー(かわいいんだろうなぁ)というのも、なんとなーくわかる気がするのであります。

「品川心中」のお染は好き。一人で死ぬのはイヤだから、誰か適当な人はいないかと、貸本屋の金ちゃんを選んじゃうところなんて、いいじゃないですかー。で、この金ちゃんは『幕末太陽傳』でこの役をやった小沢昭一のイメージですな、ぜったい。

他に(私が)好きな落語の中の女性って誰だろう。
「堪忍袋」のおかみさんか、「締め込み」のおかみさんか、「夢の酒」の(若い)女房もかわいいなぁ(・・・って怒ってる人ばっかり・笑)。

|

« スーパーひたち4 時間21分 | トップページ | 昼休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スーパーひたち4 時間21分 | トップページ | 昼休み »