« 東京タワー | トップページ | 会社近くにて。 »

2009/06/22

『華果西遊記』@国立劇場

19日。19時開演の社会人のための歌舞伎鑑賞教室です。
仕事帰りに行けるしお値段も手頃ってことで(あぜくら会会員価格で\3,420)毎回出かけています。本公演の前に30分程度の解説もあって、これも毎回趣向を凝らしたもので楽しい。今回も友人を誘って行きました。猿之助一門による西遊記です。

解説「歌舞伎のみかた」は笑三郎、春猿が舞台に出てきて「歌舞伎」の文字に表される「歌」「舞」「伎」の三つのテーマに沿って歌舞伎の紹介をしていきます。「歌」は音楽。大太鼓による効果音、『華果西遊記』で使われる義太夫、常磐津の聴きくらべでした。「舞」では春猿が女形の踊りを披露し、「伎」は見得、ツケ、後見といった歌舞伎独特の演出方法の紹介でした。特に後見(黒子)は歌舞伎では「見えないもの」というお約束があるなど、これから見るお芝居に関連した説明をギュッとコンパクトにまとめ、最後は、登場や退場、ここぞという場面では遠慮なく拍手をしてくださいと言って終わりました。

配役
孫悟空:右近 三蔵法師:笑也 猪八戒:猿弥 沙悟浄:弘太郎 西梁国女王:笑三郎 西梁国女王の妹:春猿

猿之助一門のお芝居は初めて。みんな澤瀉屋(おもだかや)なので、かけ声は「右近!」「笑三郎!」と名前を呼んでいました。役者さんそれぞれのご贔屓さんも、大勢来ていられるようで、いつも見てるお芝居とはちょっと違った雰囲気。

女ばかりの国にやってきた三蔵法師一行、恋煩いで寝込んでいる妹の様子をみてほしいと女王さまに乞われ、しばらく逗留することになりますが・・・
1時間ほどの上演時間がアッという間の楽しい一幕でした。若手中心のせいか元気な舞台で、沙悟浄役の弘太郎が一生懸命。右近の孫悟空をはじめ、猪八戒、沙悟浄みんなに愛嬌があって、天竺へ向かう長い旅の様子を彷彿とさせます。孫悟空はぴょんぴょん飛び跳ねながら常磐津に合わせて妖術をみせていきます。3人で(3匹か?)棒を使ったやりとりは、寄席の大神楽をみているよう。捕らわれた三蔵法師たちを助けに行く場面では孫悟空の分身(孫悟空のお化粧と格好をした子供達!)がいっぱい出てきて、右近の孫悟空とかっぽれを踊ります。かわいい。最後の立ち回りのシーンまで、歌舞伎の美味しいトコどりで一気に見せました。
客席も巻き込んで舞台を作っていくよう。歌舞伎には珍しいカーテンコールもありました。猿之助の演出力を強く感じました。一緒に行った友人たちも楽しんでくれたようヨカッタ。猿之助一門のお芝居、機会があればもっと見てみたいですー。

お芝居を見ると、また他の舞台も見に行きたくなりますなー。悪循環(笑)。

|

« 東京タワー | トップページ | 会社近くにて。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京タワー | トップページ | 会社近くにて。 »