« 29,30日と鈴本演芸場へ。 | トップページ | 本日のお昼ごはん@上田 »

2009/05/03

武春・市馬・二楽・紋之助の会@横浜にぎわい座

落語好きにもいろいろあって、落語だけ、それもちゃんとした長い噺を聴きたいから寄席には行かず落語会ばっかりっていう人もいるけれど、私は面白ければ何でもいいやーって派。寄席も番組次第ですが好きです。次から次へといろんな人が出てきて、間に色物さんが入ってという雰囲気はいいものだし、15分程度の高座でもちゃんとした噺家さんがすると聴き応えもあるものです。さん喬師匠の『そば清』、白酒師匠の『つる』『短命』、市馬師匠の『雑俳』『山号寺号』なんて、いいですよー。色物さんも楽しい。毎日同じ芸でも、それがまたいいのだ。うまい人なら全然飽きないよ。

江戸曲独楽の紋之助さんはいつもテンション高くて楽しい芸を見せてくれるし、先日初めてみた二楽さんも愉快でした。その二人に浪曲・・・なのかなぁ、三味線弾き語りの国本武春さん、そして市馬師匠の四人の会となれば行かねばならんでしょ(^^)。

 (開口一番)武春
  曲独楽  紋之助
  落語   市馬(歌『哀愁列車』→浪曲→落語『かぼちゃ屋』→踊り『深川』)
 (仲入り)
  紙切り  二楽(お題:鍾馗さま、松竹梅、鯉のぼり、藤娘)
  三味線弾き語り 武春(バンジョー・サム)

今日、初めてお客さまの前でやるネタ下ろし(?)の芸をやると、いつにも増してハイテンションの紋之助さん。寄席でも最後にやる「風車」という芸では、客席に下りてきて、独楽を回しながらぐるりと一周。お客さん大喜び。

客席が盛り上がったところで登場した市馬師匠。初夏らしい涼しげなお着物でした。がっつり落語って雰囲気ではないし、師匠も最初っからそんな気はないだろうなぁと思いつつ、何をやるのかなぁとちょっと期待。「(先日出演した)FM放送を聴いたよ」と客席から声がかかって、好きな昭和歌謡の話しから結局歌うことになって(笑)『哀愁列車』をワンコーラス。すかさず「(次は)浪曲!」との声に応じて、さわりを少し。
去年、同じくにぎわい座の独演会で師匠がやった『灰神楽三太郎道中』の一節だと思います。詳しくないのでわからんが。その時の経験があまりに気持ちよくて、未だに忘れがたいご様子の市馬師匠なのでありました。
「落語をやらないと・笑」とスッと『かぼちゃ屋』。師匠の与太郎は本当にかわいい。『かぼちゃ屋』を聴く季節になったのかー。師匠で『孝行糖』を聴いてみたいであります。
それで終わるのかと思っていたら何と踊りで『深川』。わーい。師匠の踊りは初めてだー。足袋をぬいで、ひょいと着物を尻はしょりすると、真っ赤なステテコで薄い色の着物に映えます。初夏の風を感じる30分のミニライブでございました。大満足。

二楽さんも武春さんの舞台もとても楽しかった。とにかく4人とも「楽しくて仕方がない」って感じで、その空気が客席にも伝わってくるから、こちらもウキウキしてくるような。やっぱり、やってる方がのっていないと見ている方も楽しくない。最初に登場した紋之助さんのテンションの高さが最後まで続いたようでした。

この4人で、またやってくれないかなー。

|

« 29,30日と鈴本演芸場へ。 | トップページ | 本日のお昼ごはん@上田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 29,30日と鈴本演芸場へ。 | トップページ | 本日のお昼ごはん@上田 »