« 昼休み・・・ | トップページ | 東京おぼえ帳@ウェッジ文庫 »

2009/04/18

今週聴いた落語。

☆11日。『柳亭市馬独演会』@神奈川県民ホール

 (開口一番)市也 『転失気』
  市馬 『長屋の花見』
  市馬 『夢の酒』
 (仲入り)
  市馬 『寝床』

穏やかな雰囲気の中、のんびりとした落語会でした。師匠は熱演でしたけど。『長屋の花見』がよかった。詩吟を一節。桜吹雪の中を、私もそぞろ歩きをしているような。好きな噺が三席続いてまんぞく。1年ぶりに師匠の『寝床』が聴けてうれしい・・・。

☆14日。『第2回NHK落語らいぶ2009』

  菊六  『金明竹』
  彦いち 『熱血怪談部』 
  市馬  『転宅』
 (仲入り)
  たい平 『七段目』 
  喜多八 『やかんなめ』

放送は5月4日(月)午後8時5分~午後9時55分 ラジオ第一にて。
収録のせいか、お行儀のよい落語が続きました。彦いち師、たい平師は初めて聴きましたがいいですね。市馬師匠は「お富さん」はほんの少し歌ったし、喜多八師匠は「葛根湯」と言っていたけど、カットされずに放送されるのでありましょーか。

☆16日。鈴本演芸場夜の部

  落語 白酒 『つる』
  落語 藤兵衛 『替り目』
 (仲入り)
  漫才 遊平・かほり
  落語 文左衛門 『手紙無筆』
  紙切り 二楽 (三国志・隈取り)
  落語 三三 『妾馬』

白酒師匠の『つる』が最高。ほんとーに白酒師匠は面白いです。エンジンかかりまくり。二楽さんは初めて。難しいお題に四苦八苦する姿が笑いを誘います。三三師匠の『妾馬』はおつるが見そめられるところをじっくり、後半はあっさりでした。

☆17日。人形町・市馬落語集@日本橋社会教育会館

 (開口一番) 市丸 『壽限無』
  市馬 『百川』
 (仲入り)
  市馬 『一人酒盛』

市馬師匠の勉強会。落語会や寄席と違ってマクラがたっぷり。特に『百川』の前は、今日は落語をせずにこれで終わるのじゃないかと途中で心配になりました(笑)。6月に二つ目になる市丸さんの改名の話しから自分の名前の話しに。師匠の『百川』は初めて聴きました。百兵衛さんが嫌みなく、おかしく気持ちよく笑いながら聴けたのは師匠の人柄とうまさでしょーね。また聴きたい噺であります。

|

« 昼休み・・・ | トップページ | 東京おぼえ帳@ウェッジ文庫 »

コメント

 昨日は人形町行きたかったんですが、中野を先に予約していたもので…。市馬師匠の「百川」は聴いたことないのでうらやましい。

> 喜多八師匠は「葛根湯」と言っていたけど、カットされずに放送されるのでありましょーか。

 「葛根湯」は商品名ではなく普通名詞みたいですね。あの「傷寒論」にも出ているようです。

投稿: にちらく | 2009/04/18 12:44

金曜日は中野に流れたお客さんも多かったようですねー。向こうの方がスケジュールの発表が早かったようで(^^)。
市馬師匠の「百川」はとてもよかったです。あまり高座にかけていないような。もっとやってくれればいいのになー。師匠の雰囲気に合ってます。

>>「葛根湯」は商品名ではなく普通名詞みたいですね。

それなら安心。制約の多い落語は、聴いていても堅苦しくなりますもんね。

投稿: あやこ | 2009/04/19 10:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昼休み・・・ | トップページ | 東京おぼえ帳@ウェッジ文庫 »