« 今日の空@上野 | トップページ | 本日のおやつ »

2009/04/27

鈴本演芸場夜の部。

夫と待ち合わせて鈴本演芸場へ。4月下席夜の部のトリは、雲助師匠の二番弟子、隅田川馬石師匠であります。雲助一門総出演、市馬師匠をはじめ、中堅の噺家さんが脇を固めて、若手注目株の馬石師匠をもり立てていました。終わってみれば、本寸法で聴かせる噺が続いて、どっしり重い虎ノ門・岡埜栄泉の豆大福のようでした(あー、食べたくなってきた)。
夫曰く「落語のお手本のような会だったなー」。

 (開口一番) 市也 『転失気』
  落語  弥助  『鮑のし』
  太神楽曲芸  翁家和楽社中
  落語  菊丸  『幇間腹』
  落語  白酒  『金明竹』
  津軽三味線  太田家元九郎
  落語  市馬  『粗忽の釘』
  落語  雲助  『強情灸』
 (仲入り)
  漫才  遊平かほり
  落語  文左衛門 『手紙無筆』
  奇術  ダーク広和
  落語  馬石  『替り目』


菊丸師匠の『幇間腹』は幇間もちのヨイショぶりがケッサク。熱演でした。
白酒師匠はなんと『金明竹』。前座さんでよく聴く噺ですが、真打がやるとこんなに面白い噺なんですねぇ。白酒師匠の『金明竹』を聴いていると、自分で工夫するところがいっぱいある噺なんだというのがわかります。関西弁を早口で言い立てるところでは客席から拍手がおこりました。

重量級の津軽三味線を聴いたあとは(いいですなー)市馬師匠。マクラもそこそこに『粗忽の釘』。市馬師匠の粗忽者はどことなく愛嬌があっていいです。それは与太郎も同様で、登場人物を見る師匠の視線に愛があるからなんだろーなぁと最近思うようになりました。よそ見せず15分をつかってたっぷり。よろしゅうございました。

雲助師匠は何でこんなにおかしいんだろう。去年の暮れに聴いた『鰍沢』や『夜鷹そば屋』をやった同じ人とは思えない(笑)。
文左衛門師匠もいいですなー。長屋暮らしのさほど学問があるわけでもない職人たちの生活の息づかいを感じます(^^)。

今夜の出演者が全員で丁寧に、トリの馬石師匠の高座を作っていったという感じ。馬石師匠はそれに応えて『替り目』。寄席でよく聴く噺ですが、大抵はおかみさんが、おでんを買いに行くところで終わります。もちろん今回は最後まで。私は先月の白酒師匠の勉強会で初めて最後まで聴きました。夫はなんと初めて。
ベロベロに酔っぱらった亭主が、夜中に帰宅してからのエピソードを、一つずつ積み上げていく噺。マクラで自分の一門のこと、お酒好きの弟弟子のこと、もちろん昨今話題の某芸能人の話題などを入れて落語に入っていきます。今夜のネタは最初から決まっていたのでしょーか。それまで誰も酔っぱらいの事は話題にしなかったねぇと帰りに夫と話しました。

前半の、おかみさんがおでんを買いにいくところまでは、ごく普通にすすみました。ガラリと雰囲気が変わったのは、屋台のうどん屋を呼び止めるところから。新内流しを呼んで、都々逸、かっぽれを踊るところでは、下座さんが入りました。静かな夜、一人ベロベロに酔っぱらってる男。その対比がなんともいえない雰囲気で、高座に別の空間がポコッと現れたような感じでした。おかみさんが、また上品なんだなぁ。亭主が惚れてるの、当然だわね。

いかにも古今亭の噺、馬石師匠の雰囲気に合った噺でした。気になる噺家さんが、また一人増えてしまった(笑)。馬石師匠でいつか『鰍沢』を聴いてみたいです。芝居噺なんかもいいだろうなぁ。

|

« 今日の空@上野 | トップページ | 本日のおやつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の空@上野 | トップページ | 本日のおやつ »