« 鈴本演芸場へ行きました。 | トップページ | 白酒師匠の『寝床』を聴く。 »

2009/02/11

久しぶりに冬の酸ヶ湯温泉へ。

JR東日本では50歳以上の人を対象にした「大人の休日倶楽部」という割引制度があって、そこの会員になると、いろいろな特典が得られます。その中に3日間有効の乗り放題切符がありまして、これが指定席もとれて12,000円という安さ。で、この切符をつかって青森は酸ヶ湯温泉へ行こうという、オヤジばっかりの旅行を計画しました。私は大休(おときゅう)会員ではありませんが、夫にひっついて参加。

早朝の新幹線で出発。東京駅の新幹線改札口はスキーヤーでごった返していました。自動改札機がものすごい状況になっていまして、ほぼ全員(と言ってもいいと思う)が改札口でひっかかります。要は最寄り駅をスイカで入った人が新幹線の改札口に入ろうとすると、新幹線の切符の他にスイカもタッチしないといけないのに、それを忘れて新幹線の切符だけで入ろうとするのでそこでストップ。係員に注意されて、あわててカバンの底からスイカを取り出して・・・と入るだけで数分かかってしまいました。ひゃー。びっくりした。

友人達とは車内で集合。今回のメンバーは5人です。青森に着くまで、車内から雪景色はほとんど見られませんでした。青森についても雪がなく、今年は雪が少ないようです。雪が少ないと田植えの頃の水不足につながるので困りものだとはタクシーの運転手さんのはなし。

昼食はいつも行く「三國」でお刺身の盛り合わせと大間のマグロがあったのでそれの握り。お酒は田酒。おいしー。これを食べるのが青森に来る楽しみの一つ。お値段も手頃なのよん。
青森から酸ヶ湯温泉まではタクシーで。

酸ヶ湯温泉には自炊部と旅館部がありますが、今回は旅館部泊まり。夕方になるとスキー客で混むので、その前に温泉へ。相変わらず気持ちのいいお湯です。夕食まで時間があったので、オヤジ組はあれこれ話しに花を咲かせていたようですが、私は一眠り。夕食後も温泉に入ってさっさとお休み。気が付いたら朝で、目覚めの一風呂、朝食後にまたお風呂に入って10時にチェックアウト。あぁ、よく入ってよく寝た(笑)。

前日の午後から天気は下り坂で旅館を出る頃には吹雪になっていました。帰りもタクシーを頼んでいました。雪なので途中観光するところもないのですが、ロープウエイは動いているというので乗ってみましたが・・・いやー。出発駅が吹雪、山頂付近はもっとスゴイ事になっていまして、寒いとかどうとか言う前に怖い。風速25メートルになったらロープウエイは止まるのだそうで、「ただいまの風速は23メートル」とアナウンスされると「下りられなくなったらどうしよう・・・」と思うではないですか。それこそ八甲田山死の彷徨(泣)。「下りよう下りよう」と乗ってきたロープウエイに乗って下りてきてしまいました(笑)。

青森の市街地に入ると吹雪なんてウソのよう。昼食と買い物ををすませて15時過ぎの特急に乗りました。東北地方は全体に天候不順だったので、どっかで列車が遅れるのではと思っていましたが、幸いにも特急も新幹線も定時発車。しかーし。
白石蔵王から福島にかけての強風の影響で新幹線が止まり徐行運転しで東京に着いたのは1時間遅れでした。
それもまた旅の思い出ですけどね(^^)。徐行区間ではゴウゴウという風の音が聞こえてきて、列車が揺れて怖かったです。

旅行はいいですなー。普段とは違う景色を見ているだけで気分が落ち着きます。先月末から仕事が忙しくて、少しイライラしていたので、気持ちが少し落ち着きました(^^)。
楽しい仲間も一緒だしね。

|

« 鈴本演芸場へ行きました。 | トップページ | 白酒師匠の『寝床』を聴く。 »

コメント

2日間、すっかりお世話になりました(^^)
冬のみならず酸ヶ湯は初めて泊まりましたが、チェックインからチェックアウトまで、寝ているときと呑み食いしているとき以外はずっと温泉に浸かっていた感じでした(笑)

忘れていた温泉の魅力を久々に堪能させていただきました。
またの機会にもぜひ!

投稿: 親方 | 2009/02/12 23:20

親方さま:
こちらこそ、ありがとうございました。久しぶりに冬の酸ヶ湯に行けてまんぞくまんぞく。
二日目の吹雪も、あとで笑い話になりますね。

あんな調子で旅行しているので、機会があればぜひまたご一緒いたしませう。

投稿: あやこ | 2009/02/16 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鈴本演芸場へ行きました。 | トップページ | 白酒師匠の『寝床』を聴く。 »