« ひえ〜 | トップページ | 久しぶりに冬の酸ヶ湯温泉へ。 »

2009/02/10

鈴本演芸場へ行きました。

6日。少々煮詰まり気味の仕事を切り上げて鈴本演芸場へ。市馬師匠がトリの池袋演芸場へも行きたいのだけれど、鈴本は白酒師匠がトリで、こちらも興味津々。浮気なわたし(^^)。

 落語 一朝 『看板のピン』
 落語 雲助 『家見舞』
 (仲入り)
 漫才 ゆめじうたじ
 落語 馬生 『あくび指南』
 奇術 ダーク広和
 落語 白酒 『五人廻し』

『看板のピン』も『家見舞』も初めて聴く噺で、帰宅後夫にあらすじを話して演題を教えてもらう。「両方よも昔はよく寄席にかかったんだけどなぁ」。『看板のピン』はサイコロ賭博の噺で、ツボの横にサイコロが転がり出てる・・・という部分が映画の『座頭市物語』で使われています。ネタはここだったか(^^)。
『家見舞』はものすごい噺ですなー。聴いてるこっちが、想像力をどんどん豊かにしてしまいます(笑)。白酒師匠でも聴きたい。

で、トリの白酒師匠は『五人廻し』。廓話です。江戸(東京)ではお女郎が一晩に何人も相手にしたそうで(上方は一晩に一人)、当然、待ちぼうけをくらう人が出てきます。この噺の舞台は吉原。どこにいるかわからない花魁を探し歩いている若い衆を狂言回しに、部屋で一人さみしく待っている殿方が次から次へと登場します。若い衆と殿方の会話だけで、待たされる方の職業や性質を表現するところはもちろん、廓へ通う男の滑稽さがにじみ出ていて、さすがでした。

|

« ひえ〜 | トップページ | 久しぶりに冬の酸ヶ湯温泉へ。 »

コメント

「看板のピン」も「家見舞」も、今も寄席ではよくかかりますよ。
「看板のピン」は一朝さんのきれいで威勢のいい江戸ことばで聞くととっても良いですよね。
「家見舞」は・・・私は喬太郎さんのが好きwobbly
でも確かに、白酒さんがやったら、面白そう!

明日からは市馬師匠が鈴本の主任ですよねえ。
でも、私が行けそうな19日はまた貸し切りなのでがっかりです。

投稿: きょうこ | 2009/02/10 07:40

昨夜も鈴本に行ってきました。トリの白酒師匠は『寝床』。これがもうケッサクで(笑)。

>>「看板のピン」も「家見舞」も、今も寄席ではよくかかりますよ。

昨夜は一朝師匠が「家見舞」でした。喬太郎師匠の「家見舞」もすごそうですな。

今日からの鈴本、私は来週からの後半戦に通います(予定)。19日は残念ですね。

投稿: あやこ | 2009/02/11 11:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひえ〜 | トップページ | 久しぶりに冬の酸ヶ湯温泉へ。 »