« あんこう鍋 | トップページ | 本日の晩ごはん »

2009/02/16

鈴本演芸場中席夜の部5日目。

15日。市馬師匠が主任の鈴本には今夜から通うつもりで、今日はお仕事。何とか目標までは完了。これで明日から定時退社じゃ。開場前には鈴本演芸場へ。すでに結構な行列。今夜は夫も一緒に行く予定が、体の調子が悪いというので家で留守番。その代わり・・・ってわけじゃないけど、中でH氏とばったり。元気そうでよかった(^^)。

  (開口一番)市丸 『牛ほめ』
  落語 こみち 『元犬』
  太神楽曲芸 翁家和楽社中
  落語 文左衛門 『寄合酒』
  講談 宝井琴柳
  落語 川柳
  漫才 のいるこいる
  落語 雲助 『粗忽の釘』
  落語 志ん五 『幇間腹』
  (仲入り)
  ギター漫談 ぺぺ桜井
  落語 三三 『加賀の千代』
  奇術 ダーク広和
  落語 市馬 『二番煎じ』

こみちさんは初めて。女性の噺家さんです。すっきりとした話しぶりが印象いいですね。
文左衛門師匠の『寄合酒』は独特の雰囲気があって好きです。聴き手の想像力を大いに刺激します。特に与太郎が「味噌をひろってきた」ところがねー(^^)。女子高生相手にやったら「きゃーきゃー」大騒ぎになるんじゃなかろうか。
川柳師匠はお元気で。のいこい先生は登場するだけで客席がへにゃへにゃに柔らかくなります。
雲助、志ん五、三三師匠と好きな噺家さんが続いてうれしい。

市馬師匠は『二番煎じ』。この噺を聴くのはこの冬4回目(^^)。今回は番小屋のみなさんが酔っぱらっていく様がよくて、そのまま『猫の災難』になっていくんじゃないかと思ってしまったよ。健康診断の結果に「飲みすぎ」とはっきり書かれてしまったので、最近は家では飲まないようにしているのに我慢ができず。師匠の伸びのある声も心地よく、すっかり聴き入ってしまって45分がアッという間でした。

|

« あんこう鍋 | トップページ | 本日の晩ごはん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あんこう鍋 | トップページ | 本日の晩ごはん »