« 今日の空@銀座 | トップページ | 本日の晩ごはん »

2008/12/16

鈴本演芸場12月中席夜の部

15日。鈴本の夜の部は五街道雲助師匠がトリ。『雲助冬模様』と題して冬の噺をやるのだ。何をやるかは決まっていて、今夜は『富久』。好きな噺だし、仕事が切りよく終わったので、そそくさと鈴本へ出かけました。
さん喬、権太楼、雲助と、いい噺家さんが出てるのに、空いていてびっくり。

  落語 正蔵 『悋気の独楽』
  落語 権太楼 『粗忽の釘』
  (仲入り)
  漫才 ロケット団
  落語 馬石 『初天神』
  粋曲 小菊
  落語 雲助 『富久』

間に合わなかったけど、さん喬師匠は『掛け取り』をやったそうな。聴きたかったなぁ。
権太楼師匠はマクラで粗忽者の話しをしつつ、いつの間にか『粗忽の釘』へ。ゲラゲラ笑いながら気楽に聴きました。くだらない噺だよねー(笑)。好きだわー。

で、『富久』。
お酒がもとでしくじった幇間の久蔵は、旦那のお店の火事見舞いに駆けつけ、出入りを許されます。が、今度は浅草の久蔵の家が火事で何もかも失ってしまいました。旦那の家に居候となった久蔵。なんと火事の前に買った富くじの一等が当たってしまいます。一千両!しかし、肝心の富札は自宅の神棚にあげてありました。神棚は火事で燃えて・・・

酒飲みでどこかだらしない久蔵、心優しい旦那、気がいい長屋の人たち。筑波おろしが吹きすさぶ寒い夜、てんやわんやの火事現場、富の日の雑踏。様々な場面に大勢の人の息吹が感じられました。せっかく富くじが当たったのに富札がなくて賞金がもらえない。何とかならないかと必死になる久蔵の姿に思わずホロリとしてしまいました。雲助師匠の噺は味わいがあります。不思議な調子があって、それがとても心地よい。一つ一つのエピソードを丁寧に話し込んで、気が付けば1時間近くの熱演でした。よかったなー。

16日は仲入り前の権太楼師匠が休演で、代演が市馬師匠!ふぇー。行きたいなぁ。行こうかなぁ。

|

« 今日の空@銀座 | トップページ | 本日の晩ごはん »

コメント

 行ってますねえ(笑)。
 雲助師匠、富久、平日夜の鈴本…考えるだけで身震いします。

投稿: にちらく | 2008/12/16 06:10

私のご近所落語ブロガーは雲助師トリの今席鈴本に大抵馳せ参じておりますね。私は18日の「二番煎じ」へ参ります。

投稿: 梅薫庵 | 2008/12/16 06:22

にちらくさん、梅薫庵さん、今夜(16日)も行って参りました。楽しゅうございました。
明日は「鰍沢」で、これは以前から聴きたい噺だったので、ぜひ行くつもり。市馬師匠も出るしー。

>>行ってますねえ(笑)

ふふふ。今度はぜひ寄席にも一緒に行きませう>にちらく

投稿: あやこ | 2008/12/17 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の空@銀座 | トップページ | 本日の晩ごはん »