« 『鉄』の『鉄』による『鉄』のための落語会@天満天神繁昌亭 | トップページ | 今夜の月@神保町 »

2008/12/12

末廣亭12月上席夜の部楽日

10日。仕事帰りに末廣亭へ。市馬師匠がトリの楽日。
ネタだしされている落語会へ行くのも楽しみだけれど、何がかかるかわからない会も私は好きです。「何をやるのかなー」という駆け引き(のようなもの)が面白い。
市馬師匠は何をかけるのか楽しみでありました。

久しぶりに『味噌蔵』聴きたいし、先日の独演会で聴いた『厄払い』もいいなー。まだ聴いたことない噺で『富久』『ねずみ穴』『うどんや』『夢金』・・・。『夢金』といえば、先日聴いた一之輔さんの『夢金』がよかった。で、私の希望は『味噌蔵』『富久』『夢金』だー!と勝手に盛り上がりつつ出かけました。(それにしても冬の噺ってたくさんありますなー)

  髪切り  正楽
  落語   さん喬 『短命』
  落語   志ん五 『幇間腹』
  (仲入り)
  落語   扇治  (新作落語)
  キセル漫談 ひびきわたる
  落語   金時  『水屋の富』
  落語   さん八 『小言念仏』
  奇術   アサダ二世
  落語   市馬  『松曳き』

さん喬師匠の『短命』は、じわじわと可笑しい。ご隠居が「短命だろ?」と言うと、客席の私も一緒に「うん」とうなずいてしまうのであります。

志ん五師匠の『幇間腹』はケッサク。今まで聴いた『幇間腹』の中では一番!
この噺は、若旦那が立場の弱い幇間もちをいじめる話しだし、針を刺す話しだから痛いしで、私はあまり好きではないのです。でも志ん五師匠の『幇間腹』は、イヤだなーとか、痛いなーとか、そういう事を全然感じない。おかしさだけが残りました。

で、市馬師匠。少し長いマクラで先代の小さんの話し。何だろう。こういうマクラで『猫の災難』に入ったこともあったなー、『猫の災難』も好きな噺だーとドキドキしてたら何と『松曳き』。そうきたか(^^)。
粗忽者のお殿さまと、同じく粗忽者の側用人、田中三太夫さんのお話し。国元から届いた早飛脚の知らせ。そこに書いてあったのは・・・。
筋にしたらくっだらなーい話し。それを市馬師匠は気持ちよく鷹揚に演じます。粗忽者が主人公の話は一歩間違えると人を見下すような感じになって嫌なものですが、師匠の場合は嫌みがなくて、逆に愛おしくなってくる。この登場人物を愛おしく見せられるかどうかが芸なんだと思います(師匠の与太郎もそうなんだよね)。
お殿さまは粗忽ではなくて、真っ直ぐに大きくなっただけではなかろーか。きっと『雛鍔』の若様が大きくなった姿なんだーと一人で勝手に合点しながら気持ちよく聴きました。
いい気分で寄席を出たことでした。

終わってみれば・・・二日しか行かなかったけど、もちっと通ってもよかったなぁ。

|

« 『鉄』の『鉄』による『鉄』のための落語会@天満天神繁昌亭 | トップページ | 今夜の月@神保町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『鉄』の『鉄』による『鉄』のための落語会@天満天神繁昌亭 | トップページ | 今夜の月@神保町 »