« 酉の市 | トップページ | 師走でございます。 »

2008/11/30

ハモンドオルガンを聴く。

昨夜は新宿のライブハウスSOMEDAYでハモンドオルガンの会。オルガニスト山口綾規さんの教室の生徒さん、友人のオルガニストのみなさんが出る会です。私の友人も出演するので、それは行かねば!と出かけました・・・と言っても、ハモンドオルガンって何じゃ?というレベルなんですけど。

その前に同行する友人達と新宿で待ち合わせて花園神社の酉の市へ行きました。このお祭りは毎年11月の酉の日に行われる大鳥神社の祭礼で、ここで縁起物の熊手を買うのです。ちなみに三の酉まである年は火事が多いとか。で、昨日は三の酉でした。
関西の「えべっさん」みたいなもんですね。
花園神社の酉の市にはずいぶん前に一度行った事がありますが、その時は夜だったので、まわりの様子はよくわかりませんでした。狭い境内に屋台がいっぱい出ていて、テントを張ったおでんやお酒を飲ませる店もあります。見世物小屋まであった。雑然としていて、まがまがしくて、昔のお祭りの雰囲気がありました。私が子供の頃、お祭りってなんとなーく不健全な雰囲気があったもんなぁ。夫は3千円の熊手を買いました。

さて、ハモンドオルガンの会。店内は超満員。私たちのグループは運良く真ん中、一番前の席に座ることができました。
ハモンドオルガンは、見た目はクラシックなエレクトーン。聴いた感じはパイプオルガンほど大層ではなく、エレクトーンよりアナログって印象です。鍵盤は上下に二列あるし、何やらいろいろスイッチが並んでいるし、足下にはペダルがずらずら。両手両足を使ってそれを操るんですから、ピアノで左右違う指の動きができない私には神業であります。キャリアも年齢も様々な人が次から次へと登場して、曲目もクラシックからジャズ、ボサノバ、ポピュラー音楽、クリスマスソングとバラエティ豊か。こちらは飲みつつ、おつまみをつまみつつ、楽しく過ごしました。どことなーく懐かしく感じる音色は、昔のアメリカ映画を思い出させます。何だか無性に『ブルースブラザーズ』(ジョン・ランディス監督の映画)を見たくなっちゃったよー。

会は三部構成で、真打ちが続く第三部はさすがに聴き応えがありました。力強くもあり、ソフトでもあり。暖かい音色で様々な音楽を楽しめるのが、ハモンドオルガンの魅力なんでしょうね。私の友人は「練習不足で・・・」と謙遜していましたが、なかなか(^^)。彼女が演奏する姿は初めて見ましたが、雰囲気たっぷり、感情がこもっていてとてもよかったです。熱演でした。最後の山口綾規さんの演奏もすばらしかったです。
また、ドラムス担当の原田佳和さんもよかった。この人だけはずーっと舞台にいて、全ての音楽にドラムを合わせるのです。どんな音楽にもきちっと伴奏をつけてしまう技術にびっくり。思わず聴きほれたりして(^^)、さすがプロ。

終わったのは9時近かったのでしょうか。友人達と記念写真を撮り、おしゃべりしながら新宿駅まで歩きました。街はもうクリスマスの装いです。いい気分。

|

« 酉の市 | トップページ | 師走でございます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酉の市 | トップページ | 師走でございます。 »