« 今期最後の野球観戦。 | トップページ | 今朝の空@半蔵門 »

2008/10/13

1日ぐうたら。

連休二日目。朝からいい天気。どこかに出かけようか・・・と夫とブツブツ言っているうちに昼間になってしまいました。パソコンのHDを買いに行くという夫に付き合う気もおきなかったので、結局1日おうちでごろごろ過ごすことに。

スカパーで小津安二郎監督の『秋日和』をやっていたので見ました。『麦秋』から遺作までの映画は全部が頭の中でごちゃまぜになっていて、いろんなシーンが混じって一本の映画になってます。この映画も途中まで原節子の再婚相手に持ち上げられる人は森繁だと思っていました(それは『小早川家の秋』であった)。

小津安二郎の映画を見ていると、時代は変わっても「家族」が抱える問題は何も変わっていないと感じます。それは夫婦の問題であり、親と子の問題であり。
今まで(とりあえずは)何ごともなく過ごしてきたのに、結婚や死、老いなどをきっかけに、いろんな事が一気に表面化してくる。なかなか結婚しない娘にやきもきする親、自分が結婚したら一人残される父(母)、年老いた親の面倒、しっくりいかない夫婦などなど。背景が変わっても、今も昔も家族の悩みなんてほとんど変わらないし、でも結局は収まるところに収まってしまう。家族なんて、そういう平和で静かな時と、さざ波(大波かもしれんが)がたつ時との繰り返し。小津安二郎は、そのさざ波をうまく切り取って見せているのですね。

明日は国立劇場へお芝居を見に行きます。ここ数日、猛烈にお芝居が見たくてたまらなかったのだ。今日、チケットをとりました。結構いい席がとれました。楽しみだす。

|

« 今期最後の野球観戦。 | トップページ | 今朝の空@半蔵門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今期最後の野球観戦。 | トップページ | 今朝の空@半蔵門 »