« いいきぶん。 | トップページ | 本日楽日。 »

2008/09/10

今が旬。

今夜も鈴本演芸場。夫に「また行ったのー!」と呆れられる。いいやん。仕事さぼって行ってるわけじゃなし。夫は私の事を「熱しやすく醒めやすい」というけれど、興味に対する温度の変化っていうのは落語に限らずどんな事にもあるのだ。好きだと思える事に出会えた瞬間が自分にとっての旬なのだ。で、一時でも夢中になった経験は自分の引き出しのいい肥やしになるはず・・・きっと(^^)。なんてたって時間とお金を使ってんだからね。わはは。

(9日) 落語  文左衛門 『道灌』
    落語  市馬 『真田小僧』
    (仲入り)
    曲独楽 紋之助
    落語  菊志ん 『辰巳の辻占』
    奇術  アサダ二世
    落語  左龍 『百川』

登場と共に「待ってました!」の声がかかった市馬師匠は『真田小僧』。師匠の噺の中の子供はかわいいよん。これも生で聴きたかった噺なのでうれしー。寄席でも落語会でも力のかけ方(抜け方か?)が変わらないなぁと思いつつ聴いていました。演者に余裕がないと聴いてる方も疲れる。
代演の菊志ん師はお気に入り。妙な色気のある噺家さんであります。テンポよくて気持ちいい。
左龍師の『百川』は今まで聴いた四席のうち一番よかった。田舎っぺの百兵衛さんと威勢のいい河岸の兄ちゃんたちのアンバランスさが左龍師に合ってるし、全体になんともいえない可笑しさが漂っていて、アッという間に時間が過ぎていきました。

話しは変わるけれど、お相撲をクビになった露鵬と白露山は、このあとどうなるんだろうか・・・と、ふと考えてしまった。今さら国へは帰られないだろうし、実家の両親は肩身の狭い思いをするだろうし、夫はプロレスにいくんじゃないかと言っていたけれど、日本に残るのか、どこか外国へ行くのか。

|

« いいきぶん。 | トップページ | 本日楽日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いいきぶん。 | トップページ | 本日楽日。 »