« 昼の部終了 | トップページ | おめでとう! »

2008/09/19

秀山祭の雑な感想。

さすがに昼夜通しでお芝居を見ると疲れます(^^)。いや、頭はいいんだけど、体が疲れる。
今年の秀山祭はどの演目も充実していて見応えがありました。その中で吉右衛門は落語でいえば(笑)大ネタを3本かける大奮闘。昼の部で「子別れ上・中・下」やって、夜の部で「源平盛衰記」と「文七元結」をやるよーなもんです。もちろん本寸法。そう、中村吉右衛門という役者は本格本寸法の役者さんであります。初日の前に何かのインタビューで「生きて千秋楽を迎えられるか」と言っていたけれど、その言葉が嘘ではないと思わせる舞台でありました。私が吉右衛門のファンだということを割り引いても、今の吉右衛門は見ておかないといけない役者だと思います。見ておかないと損をします。

吉右衛門を見ていて、いつも感心するのが舞台上での「大きさ」。存在感というのか。でもずーっと大きいままではなく、場面によって後ろに引いたり前に出たりするところがすごい。出ずっぱりではないのです。それが芸なんだろうなぁ。例えば『逆櫓』でのしがない船頭から武士の本性を現す場面。「頭が高い!」と言いながら舞台の上手から下手へ歩く間に船頭から武士にスーッと変わっていく瞬間の見事さ。言葉遣いだけではなく、姿さえもぐーんと大きくなっていくのがわかる。こういうのを目の当たりにすると、ほんと、この役者さんと同時代に生きていてよかったと思うです。

そして共演者の充実。特に歌六がすばらしかった。去年、『松浦の太鼓』での歌六を見て「いい役者さんだなー」と思ったけれど、その「いい役者だなー」度がますますアップしました。これからものすごーく楽しみ。芝翫もよかった。この人に続くのは誰なんだろうと思うにつけ、ずーっとずーっと元気で舞台に立ち続けてほしいです。

TVの鬼平の吉右衛門もいいけどね。お芝居の本寸法の吉右衛門を見てもらいたいです。

|

« 昼の部終了 | トップページ | おめでとう! »

コメント

あやこさんこんにちは!

いや~、秀山祭私行きたかったんですけども。
あやこさんの評を見て、ますます・・・。
吉右衛門様、私このところ巡り合わせが無くて
観てないんですよ・・・。
母が海老蔵にハマってしまったのもあり(笑)。

何とか都合をやりくりしたかったんだけど、休みも取れないし
くぅ~・・・っ、って感じです。
「本寸法の吉右衛門」、まさにその通りですね。
やっぱり舞台の吉右衛門はいいです。

投稿: hikaru | 2008/09/20 17:25

hikaruさん、ご無沙汰していますー。

よかったですよー、秀山祭。がっつり見せてくれる演目が揃って見応えがありました。
去年は「熊谷陣屋」を見逃して、いまだに後悔しているので、今回は思い切って昼夜通しで見ました。まんぞくまんぞく。

>>母が海老蔵にハマってしまったのもあり(笑)。

うふふ。成田屋もいいけど、播磨屋もぜひぜひ(^^)。

投稿: あやこ | 2008/09/20 19:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昼の部終了 | トップページ | おめでとう! »