« 本日楽日。 | トップページ | 青森でーす »

2008/09/12

演芸場通いも一段落。

10日。遅刻しそうだったので、玄関にあったサンダルをひっかけてあわてて外に出たのだけれど、街を行く人の足下を見ながら「夏のサンダルを履いてる人なんてもういないやーん」と少し恥ずかしくなる。ブーツを履いてる人もいた。それはいくらなんでも早すぎると思うぞ。お直しに出していた靴をまだ取りに行っていなかったのを思い出した。
6時過ぎに会社を出ると外は薄暗い。日が落ちるのが急に早くなったような。再来週はお彼岸だもんね。

鈴本演芸場は楽日。お客さんの入りは6割程度で、私が行った5日間のうちでは一番よかった。

(10日) 落語  菊志ん 『あくび指南』
 落語  市馬 『天災』
     (仲入り)
     曲独楽 紋之助(トトロバージョン)
     落語  白酒 『短命』
     奇術  アサダ二世
     落語  左龍 『厩火事』

菊志ん師の落語の中の兄ちゃんはどこにでもいるやんちゃくれって感じで親しみがもてます。女性も打算的で妙な色気があってカラっとしていて、一昔前の東宝サラリーマン映画に出てくるバーのホステスって感じ。女優でいうなら団令子(古い?)。
紋之助師は最後にトトロをのっけた独楽の綱渡りをやるスペシャルバージョン。ものすごい盛り上がりでした。まだ客席がザワザワしている中で登場した白酒師は、マクラで笑わせながら客席が落ち着くのを待って『短命』。間のとり方が絶妙。でもわたし、この噺を聴くと鈴本か池袋か、どっちかで聴いた、さん喬師匠の『短命』を思い出してしまいます。何がどうってことないんだけれど、面白かったなー。
トリの左龍師の『厩火事』は軽く、フワッとした感じで終わりました。

結局2日に見た市馬師匠の『締め込み』がとてもよくて、こんな風に聴かせてくれるんだったらと通ってしまいました(^^)。聴いたのは『締め込み』『夢の酒』『かぼちゃや』『真田小僧』『天災』。フツーの噺をフツーに聴かせてくれる心地よさ。毎晩、師匠の噺を一席聴いて一日を〆られたらいいんだけどなー(笑)。

|

« 本日楽日。 | トップページ | 青森でーす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日楽日。 | トップページ | 青森でーす »